by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


六義園のしだれ桜

東京駒込の六義園に行ってきた。

柳沢吉保の別邸に設けられた庭園であり、
『源氏物語』の研究者として知られる北村季吟が、
古典和歌の世界をモティーフに、庭を設計した。

***

今は、しだれ桜が見頃なのだが、
庭の入口附近に、巨樹が一本あるだけで、
しだれ桜が並木を成しているわけではない。

でも、それでよいのだ。
染井吉野や八重桜とは違って、
しだれ桜が群れていては、絵にならない。
百済観音の立像のように、
孤高と豊麗を一身に体現して、
群衆の頭上高くに、聳えているべきなのだ。

***

六義園は、実は庭園全体を通じて桜が少ない。
孤高なるしだれ桜の他には、
奥に設けられた馬場に沿って、桜の木が植えられ、
桜のアーケードを形作っているのが、目立つ程度である。

そのアーケードにしたところで、
桜並木と呼ぶには、あまりに密度が淡い。
上野公園のような、桜の大盤振舞を、
六義園に求めるなら、期待外れに終わるだろう。

むしろ、六義園に造られた馬場の魅力は、
頭上に桜を浮かべる一方で、
騎馬する人の目の高さに、濃艶な牡丹を並べるという、
配色の妙にあるように、私には感ぜられる。
そして、そこに元禄趣味の一端を見出すのである。

***

春先の六義園を歩いていて、ふと思い立ったのだが、
造園術や建築術について、もうちょっと知らなくてはいけない。

心理学や、哲学の文脈における「空間論」ならば、
私は、そこそこの程度まで通暁しているつもりで、
その限りにおいて、庭園や建築を云々することを好んできたけれど、
実際に庭園や建築が作られるにあたっては、
植物学的や工学的の知識が、
空間設計上の制約として立ちはだかったり、
逆に、意外な可能性を示唆してくれたりといった事態が、
たびたび発生しているのに違いない。

そうした知識に裏打ちされた眼力を持たない限り、
日が暮れるまで庭園や建築を眺めていようとも、
決して見えてこないものが、どれほどたくさんあるのだろう。

# by nazohiko | 2007-03-31 20:46
[PR]
by nazohiko | 2007-03-31 20:46 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< たまには並んでみた 桜の詩 >>