by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


天書(A Book from the Sky)

徐冰(Xu Bing、シュー・ビン)は、
1955年に中国の重慶で生まれた美術家である。
現在はニューヨークで活動している。

彼の代表作の一つと言えるのが、
1988年に発表が開始された「天書」シリーズだ。
ここに写真を掲げたのは、1989年の作品で、
「析世鑑世紀末巻:天書」と題されている。
最後の写真は、印刷に用いられた版木である。


【旧ブログには画像あり】


伝統的な漢籍が、丁寧に模造されているようでいて、
明朝体で木版印刷された、如何にも漢字に見える図形は、
どれ一つとして辞書に載っていない。
つまり、それらに「文字」としての機能を期待するならば、
意味も発音も持たない、無機能な「文字」たちなのだ。
徐冰は、そうした「文字」を4000あまり創案して、
適度に反復使用しながら、印面を埋めていった。

【旧ブログには画像あり】

これら「天書(天から来た文字、という意味でもある)」を、
私たちが「漢字に見えるもの」として認識してしまう理由は、
言うまでもなく、
漢字に使われる種々のパーツを、
ヘン・ツクリ・カンムリ等、
漢字の空間構成法に則って配列することを、
構図の基本としているからである。

既存の漢字から、パーツを借用して作られた図形であるから、
字義や発音を、力ずくで読み出してしまうことも不可能ではないが、
そこまで粘着的な鑑賞法を、作者が期待していたのかどうか、
私の知るところではない。
但し、扉に大きく刷られた3つの「文字」が、
「析世鑑」という書名を表すらしいことに限っては、
神秘のヴェールがめくれ上がってしまうのを、
作者は、さすがに禁じ得なかったようだ。

【旧ブログには画像あり】

漢字のように見えながら、漢字辞典に載っていない図形を、
4000あまりにわたって設計するという作業は、
「新しい漢字を作り出すこと」よりも、
「文字に見えない図形を描くこと」よりも、
遥かに難しい営為であるに違いない。

描かれた図形が、
「漢字に見えるもの」として認知されるために、
作者の技量は、積極的な条件と消極的な条件を、
共に満たさなくてはならない。

積極的な条件というのは、
漢字の造形に用いられてきた筆法や空間構成法を、
作者が、完璧にマスターする必要があることである。
消極的な条件というのは、
いわば「漢字の偽作者」を務めるのだから、
徐冰という美術家の個性が、
その図形から、むんむんと発露してしまうようでは、
失敗となってしまうことである。

そして、更に厄介なことに、
人類がこれまでに産み出した漢字の総数は、
中国で作られたものだけに限っても、40000を超えるのだ。
図書館に並んでいる『大漢和辞典』を、
どの巻でもよいから手に取って、頁を繰ってみてほしい。
「こんなにも奇妙なヴィジュアルの漢字が存在したのか!」
「このパーツとあのパーツに、こんな組み合わせ方があったのか!」
等と驚きながら、あなたは半時間くらい過ごしてしまうだろう。

如何にも漢字らしく見えながら、
なおかつ、漢字辞典に載らない図形を発明したつもりでも、
その大抵は、とっくの昔に「漢字」として登録されているのである。
釈迦如来の掌の上をさまよう孫悟空のように、
徐冰は、数え切れないほどの得意と失意を繰り返しながら、
やっとのことで、4000あまりの図形を確保したのだろうと推察される。
ヴァラエティに富む発想力と、
個性の消去を両立させなくてはならないから、いよいよ骨折りなのだ。

どうかゆっくりと鑑賞していただきたい。

※徐冰オフィシャルサイト http://www.xubing.com/

# by nazohiko | 2007-01-16 00:45
[PR]
by nazohiko | 2007-01-16 00:45 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< なめとんか 耕野裕子『CLEAR』の復刊 >>