by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


水葬物語 in Es-dur

私は絶対音感がイマイチなので、1つ1つの調性そのものに対して個性を認めているのか、それぞれの調性で作られた名曲が持つムードを、調性自体の個性と勘違いしているだけなのか、定かではありません。

ただ、いずれにせよ変ホ長調(Es-dur)の楽曲に、私は典雅な灰青色を連想することが多く、またどれほどの強奏であっても、奥深くに静謐さをたたえているように感ぜられます。

そんな私が、文字で書かれた作品を目にする時、同様に灰青色と深奥の静謐さを覚える例として、塚本邦雄の第1歌集『水葬物語』があります。そしてそれ故に、『水葬物語』をめくっているうち、変ホ長調の和音を幻聴することが多々あります。『水葬物語』以外では、ホメロスの『オデュッセイア』も、脳裡に変ホ長調を呼び起こします。

『水葬物語』も『オデュッセイア』も水に関係ある内容ですし、シューマンの第3交響曲「ライン」など、水にまつわる変ホ長調の楽曲も幾つかあります。灰青色も静謐も、やはり水のイメージに親和するものですから、こういった繋がりで『水葬物語』や『オデュッセイア』に、「水の調性」としての変ホ長調を想起するという部分もあるかもしれません。

・日本語が禁じられたら『つきかげ』を弦楽四重奏でつぶやく

という歌を作ったことがありますが、それでは斎藤茂吉の遺作歌集を、いざとなったら何調の譜面に「編曲」してやるべきでしょうか。思うに『白き山』までの歌集とは異なり、最晩年の『つきかげ』だけは、複調や無調の音楽とこそ、よく通じ合うような気がします。

・税務署へ届けに行かむ道すがら馬に逢ひたりあゝ馬のかほ
                            (斎藤茂吉『つきかげ』)

# by nazohiko | 2006-05-10 07:22
[PR]
by nazohiko | 2006-05-10 07:22 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< ぬかみそつぼ ひよこたま >>