by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


後から "ほのほの" 思うもの

台湾の歌手・洪榮宏(洪栄宏)は、
1963年に東京で生まれ、日本で修業した経験を持つせいもあり、
日本語の演歌やニューミュージックを、しばしば取り上げる。

言葉を一つ一つ絞り出すような、真摯で熱のこもった歌い口と、
独特のくねくねした動きが妙にマッチして、
映像で観ると、音声だけを聴くよりも何倍も味のある歌手である (^^)

彼は、森田公一作曲の「青春時代」を看板曲の1つとしており、
阿久悠作詞のオリジナル日本語版も、
何松齢作詞の中国語版「為青春歡唱(青春のために楽しく歌おう)」も、
Youtubeに、いろいろと動画を見つけることができるのだが、
「青春時代が夢なんて、後からほのぼの思うもの」という箇所の、
「ほのの」を「ほのの」と発音する癖が、一向に直らないようだ。


(「青春時代」は3:19から。歌詞の字幕も「ほのの」となっている!)

これぞ洪栄宏という感じで、力いっぱい「ほ~のの~」と歌い上げる、
その脱力感がたまらないので、むしろ永遠に直さないでほしいと思うが、
本人も誤りを自覚しているのか、2番から「ほのの」に改めることもある。


(「青春時代」は6:00から。1番は「ほのの」、2番は「ほのの」。)

10年以上も前に、台湾の歌番組で「ほのの」に出くわした時には、
あのインパクトを他人にうまく伝えられず、歯痒い思いにかられたものだが、
あれからYoutubeが出現し、次第に普及してくれたおかげで、
こうした類の遺憾からは、ずいぶん解放されるようになった。

[PR]
# by nazohiko | 2016-09-02 02:23 | ◆動画を視る

"mooning" と "yoga"

エモーティコン(emoticon)の機能を、めったにブログに用いないので、
今ころになって、ようやく気付いたことのだが、
この「exciteブログ」で使えるエモーティコンは、
かつてSkypeに用意されていたのと、なんと同じセットではないか!

Skypeでは、知る人ぞ知る「隠しエモーティコン」であった
"mooning"(半ケツ 073.gif)や "drunk"(酔っ払い 076.gif)なども、
こちらでは、普通にエモーティコン一覧から選ぶことができる。

一方で、現在のSkypeで使われるエモーティコンは、
"yoga"(ヨーガ)や "tandoori"(タンドリーチキン)など、
インドの文化に関係のあるものが、ずいぶん目立つようになった。

Skypeの運営者側に、インド系の人が多くなったのだろうか?
或いは、これまでユーザーが多かった地域で伸び悩みが生じて、
新たなユーザーとして、あからさまにインド系の人々を狙っているのだろうか?

世界的に使われる通信用ソフトウェアに、
特定の文化・民族・言語などに傾斜した絵文字・顔文字が、
いきなりたくさん組み込まれることは、私の生活範囲では従来なかったので、
Skypeの変化には、ちょっと驚かされている。


[PR]
# by nazohiko | 2016-09-02 01:38 | ◇見聞を誌す

黄妃の本領

先の記事「小飛俠」は、黃妃(黄妃)をご存知でなかった方々に、
誤ったイメージを植え付けてしまったかもしれない (^_^;

「小飛俠」のヴィデオでは、初めに出てきた字幕の中で、
彼女を「台語天后(台湾語演歌の女王)」と紹介していたが、
台湾演歌にこの人ありと謳われる、彼女の本領が発揮された曲目を、
とりあえずデビュー当時、約10年前、現在について、
ヴィデオと共に、1つずつ挙げておこうと思う。


「追追追(あなたを追いかけて)」(2000年)


「妆乎水水(きれいきれいにおめかし)」(2005年)


「無字天書(天から降ってきた、文字のない本)」(2015年)

黄妃がデビューしてから日の浅い、2002年のこと。
台北郊外の港町、淡水の野外ステージで歌う彼女を、私は生で聴いた。
いつか遠くない将来に、日本でもコンサートを開いてほしいと願っている。

[PR]
# by nazohiko | 2016-08-31 00:58 | ◆動画を視る

小飛俠

趣向を少々変えまして、
台湾演歌のエース、黃妃(黄妃)の「小飛俠」をどうぞ。



黄妃という人は、時々「ぶっとび系」の曲を送り出してくるのだが、
そうした曲であっても、演歌としての勘所はしっかり押さえてあるもので、
今回ご紹介する「小飛俠」も例外ではないのだが、
さすがにこのヴィデオは、ファンの間で賛否両論を巻き起こした。

日本のアニメ「科学忍者隊ガッチャマン」は、
「科學小飛俠」の名で、台湾でも長きにわたって人気を博した。
ヴィデオの中で、黄妃とお笑いコンビ「白文鳥」が身に付けているマントは、
どことなく「ガッチャマンごっこ」を思わせるし、
間奏が始まってすぐの1:11からは、ガッチャマンの主題歌が引用される。

台湾でガッチャマンが放送されるにあたっては、
小林亜星作曲の主題歌が、中国語の歌詞を付けて流された。



オリジナルの日本語版(作詞:竜の子プロダクション文芸部)は、
子門真人の声で「誰だ 誰だ 誰だ」と始まるのが印象的であるが、
中国語版(作詞:林家慶)では、
児童合唱で「飛呀 飛呀 小飛俠(飛べ、飛べ、ガッチャマン)」と開始される。
[PR]
# by nazohiko | 2016-08-30 23:56 | ◆動画を視る

君よ知るや「勸世宗親會」(18)

しばらく台湾に滞在していたのだが、
その間に幾度かあった勸世美少女娃娃(世直し美少女人形)のライヴに、
スケジュールの都合で、一度も行けなかったのは残念。

彼女のFacebookによると、8月18日のライヴでは、
「長崎蝴蝶姑娘(長崎の蝶々さん)」や「安平追想曲」なども歌ったらしく、
これらの懐メロを、勸世美少女娃娃流にどう料理してくれるのか、
ぜひとも聴いてみたかったのだが……。

幸いにも、その様子をYoutubeで見ることができた。
盗撮っぽく見えるが、歌の合間に勸世美少女娃娃本人が、
「みんな、思いっきり撮ってね~」と言っているから、実に気前がいい。





「長崎蝴蝶姑娘(長崎の蝶々さん)」は、1957年に美空ひばりが創唱した。
作詞・作曲は米川正夫、台湾語版の作詞は荘啓勝。
「蝶々さん」や「長崎」のように、日本語の発音がそのまま使われる箇所もある。
像花的羅曼史(ロマンス)
長崎 長崎 長崎 美麗的都市

花のロマンス
長崎 長崎 長崎 港町
オリジナルの日本語版では、「ロマン~ス~」というフレージングなのだが、
台湾語版になると、母音の方を伸ばして「ロ~マンス~」と歌われる。
このあたり、音韻に関する日本人と台湾人の違いを反映しているようだ。

「安平追想曲」は、1951年に台湾で作られた曲である(作詞:陳達儒、作曲:許石)。
台南の郊外に位置する、安平という港町で本当にあったという、
商家のお嬢さんと、オランダの男性医師の「ロマンス」に取材しており、
ライヴの曲目として、「長崎蝴蝶姑娘(長崎の蝶々さん)」と好一対を成す。
[PR]
# by nazohiko | 2016-08-30 13:58 | ◆動画を視る