by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


<   2016年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

Tour de France 2016

ジャポン玉は、ナイロ・キンタナ(Nairo Alexander Quintana Rojas)選手を応援します。


[PR]
by nazohiko | 2016-07-10 23:39 | ◇意見を書く

オテロの第一声!(3)

ヴェルディの歌劇「オテロ」には、実は前奏曲(preludio)が準備されていたのである。
お蔵入りとなってしまった、世にも珍しい「オテロ」前奏曲を、
リッカルド・シャイーの指揮するMilan Symphony
(ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ交響楽団か?)の演奏で
聴くことができるようになったから、Youtubeはありがたいものだ。



歌劇「オテロ」の思い出に基づく幻想曲……として聴くなら、一応の甲斐はあると思う。
しかし、私たちがよく知る第1幕の冒頭
(あれは、如何なる他の音楽にも替えられない)に繋がるべき曲としては、
楽曲自体の脆弱さや、本篇の中途半端な予告ぶりといった欠点が目立つ。

特に、1:00頃から始まる、
オテロの第一声をトランペットで吹奏する部分は、蛇足としか評しようがない。
第1幕の最初のクライマックスとなる旋律を、こんな所で聴衆に漏らしてしまっては、
肝心の第一声からインパクトが削がれてしまうし、
声楽の模倣であることがあからさまな、トランペットのフレージングは、
たとえ逆立ちしたところで、「歌の力」において人声に匹敵できない。

ヴェルディがオテロの第一声を、どのように歌ってほしかったのか、
憶測を逞しくするための材料としては、一定程度に役立つだろうけれども。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-10 23:23 | ◆音楽を聴く

オテロの第一声!(2)

今から10年前、ここに「オテロの第一声!」という文章を書きました。

そこでは、マリオ・デル・モナコの1961年のスタジオ録音を取り上げました。
"Esultate!"で始まるオテロの第一声を、Youtubeで聴き比べてゆくと、
あたかも、テナー歌手による自己主張のカタログのような印象を受けるものですが、
彼は意外にも、カラヤン指揮するウィーン・フィルハーモニーの響き、
中でもホルンが強奏する和音に、「一本の管楽器」の如く溶け込んでみせたのです。
そのせいで却って、何とも神々しい姿の「英雄」が現れた……というのが、
小文の主題でありました。



同じデル・モナコが演じたオテロでも、
1959年の来日公演(エレーデ指揮、NHK交響楽団)の映像では、
煽りまくる管絃楽と相俟って、ずいぶん違った"Esultate!"を見せてくれます。



音楽だけ(上掲の動画よりも音質は良い)でも、なかなか聴きごたえがありますよ。
カラヤン盤におけるオテロも、来日公演におけるオテロも、
きっとデル・モナコにとって、いずれ劣らぬ「本気」の歌唱だったのでしょう。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-10 21:06 | ◆動画を視る

君よ知るや「勸世宗親會」(7)



勸世美少女娃娃(世直し美少女人形)の
「姆湯溝阿捏」(ムタン・ゴ・アネ=二度とそのようにしてはいけない)」を、
今度はライヴ映像でどうぞ。

0:51あたりで、勸世阿北(世直しのおっさん)が、
勸世美少女娃娃にハンガーを手渡し、二人でハンガー踊りを披露する。

曲の後で(3:30あたりから)、勸世美少女娃娃が言う。

力いっぱい動き回ったから、
音程も外しちゃったし、ずいぶんくたびれちゃった。

最後にもう一回アナウンスしますけど、
ハンガー製造業者の皆様、私たちをコマーシャルに使って下さいね。

他にも、何かおかしなものがあれば、
私たちをコマーシャルに使ってもらえれば幸いです。
但し、ポジティヴじゃないとダメですよ。ポジティヴね。
以上!


中国語の「正面」は、「ポジティヴ」という意味の形容詞にも用いられる。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-06 00:07 | ◆動画を視る

君よ知るや「スネアのおっさん」

音楽ヴィデオの中で輝く「おっさん」と言えば、
「スネアのおっさん」こと、モスクワ放送交響楽団の首席打楽器奏者、
アレクサンドル・サモイロフ(Aleksandr Samoylov)も外せない。



これはモスクワ放送交響楽団が、1991年の来日公演で、
ウラディーミル・フェドセーエフ(Vladimir Fedoseyev)指揮の下、
ハチャトゥリアンの「レズギンカ舞曲」を演奏しているところだが……。

フェドセーエフの指揮姿を見ながら、曲を聴き進めていると、
0:17秒あたりで炸裂するスネア・ドラムの響きに、耳を奪われずにいられない。
曲も後半にさしかかった1:22あたりで、
カメラは初めて、鼓声の主であるサモイロフを映し出す。

「スネアのおっさん」とは、正にこの映像がきっかけとなって、
日本のインターネット・ユーザーたちが、彼に贈ったニックネームである。



「スネアのおっさん」が、タンバリンに持ち替えての演奏もどうぞ。
0:34あたりから、映像に登場する。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-05 16:51 | ◆動画を視る

君よ知るや「勸世宗親會」(6)

今回は「勸世阿北」(勧世阿北=世直しのおっさん)の一曲を。

「勧世阿北ㄉ"為了你好" Feat.勸世美少女娃娃」
(世直しのおっさんの「あなたのためを思って」 Featuring 世直し美少女人形)



「ㄉ」は、「注音符号」という中国語の発音記号の1つで、"d"の音を表す。
中国語で「……の」を意味する「的」(de)と、ほぼ発音が同じなので、
漢字で「的」と書く代わりに、注音符号の「ㄉ」を使ったわけである。
このような遊びは、現在の台湾でよく見かける。

歌詞は、勸世阿北が朗詠する部分は中国語(北京の言葉)であり、
勸世美少女娃娃が歌う部分は、台湾語(閩南語=福建省南部や台湾の言葉)になる。

勸世阿北:
 朋友你好,為了你好。
  (友よこんにちは、
   あなたのためを思って言うのだよ。)
 請你坐好,用心聽好。
  (きちんと座って、しっかりと聞くがよい。)
 人的一生,平安就好。
  (人の一生は、平安であればよいのだ。)
 錢多錢少,夠吃就好。
  (お金の多い少ないに拘ってはならず、
   食べるに困らなければ、それでよいのだ。)

勸世美少女娃娃:
 為了你好,為了你好。
  (あなたのためを思ってのことよ、
   あなたのためを思ってのことよ。)
 說這麼多都是為了你好。
  (こんなにたくさん言うのは、
   すべてあなたのためを思ってのことよ。)

同じ「為了你好」という4文字でも、
中国語の部分では「ウェイラ・ニー・ハオ」と発音されるが、
台湾語の部分では「ウィディオ・リー・ホー」と発音されることになる。

ちなみに「勸世阿北」を、
漢字の意味そのままに解釈すれば、「世直しの北さん」となる。
なぜ私が、これを「世直しのおっさん」と訳したかを説明すると……。

「おじさん」(年長の男性)を意味する、台湾語の単語として「阿伯」があり、
その発音は「アーベー」となる。
故に、台湾語本来の用字法に従って「勸世阿伯」と書いても、
「クァンセ・アーベー=世直しのおっさん」という発音&意味になるのだが、
これでは中国語で「チュエンシー・アーボー」と読まれてしまう可能性もある。

そこで、中国語の発音に慣れた世代にも、
あくまで台湾語で「アーベー」と読んでほしいという意思表示として、
中国語で「ベイ」と発音する「北」の字を使い、「阿北」と書くようにしたのである。

戦後の台湾政府(共産党勢力に追われて、台湾に逃げ込んだ中華民国政府)が、
「標準語」として人々に押しつけた中国語(中国の首都の言葉)と、
生活の中で昔から使われてきた台湾語(福建からの移民が持ち込んだ言葉)が、
台湾の人々の間で、長らく併存を続けている。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-05 00:53 | ◆動画を視る

動画で視る、ワーグナー「パルジファル」の鐘

舞台裏から聞こえる鐘の音といえば、
ワーグナーの「パルジファル」に出てくる、「C-G-A-E」の繰り返しも忘れ難い。



この動画は、それぞれ1882年・1914年・1926年に作られた、
「パルジファル」専用の「鐘の音マシーン」を鳴らしているところだ。

鐘というよりも、4つの音を発することに特化したピアノのようなものである。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-04 21:25 | ◆音楽を聴く

動画で視る、ベルリオーズ「幻想交響曲」の鐘

管絃楽の打楽器だけを映し続ける動画が、Youtubeに少なからずある。
これらの動画を視ると、耳慣れたはずの楽曲が、意外な箇所で打楽器を使っていたり、
記憶していたのとは異なるタイミングで、打撃が入ったりするのに気付かされる。

もしや、と思って検索してみたところ、
ベルリオーズ「幻想交響曲」の第5楽章から、
舞台裏で鐘を打つところを撮影した動画が、さしあたり4篇見つかった。




以上いずれも、David Valdés(Asturias Symphony Orchestra)。
舞台裏に陣取って、右手で高音の鐘(C)を打ち、左手で低音の鐘(G)を打つ。


William R. Hudgins(Boston Symphony Orchestra)。
やはり舞台裏だが、両手を使って高低の鐘を打つ。


奏者は不明(Royal Concertgebouw Orchestra)。
ロビーのような場所に鐘を持ち出し、右手は高音の鐘を、左手は低音の鐘を打つ。
鐘が逆さに立てられており、奏者は内側を叩くというのが特徴的だ。

4篇の動画を視ながら、私は今更のように、
鐘のリズムと音高が、徹底して「C-C-G(等間隔)」の繰り返しであることを意識した。
金管楽器を中心として進んでゆく旋律と、鐘の音の「付かず離れず」の妙には、
こんなあたりに、秘密のひとつがあったようである。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-04 20:40 | ◆音楽を聴く

君よ知るや「浅草豆花大王」

豆乳を柔らかめに凝固させた、台湾のスイーツ「豆花」を求めて、
「浅草豆花大王」というお店に行ってきた。
豆花は、日本のメディアでは「トウファ」と振り仮名されることが多いが、
実際の発音には、「ドウホァ」と書いた方が近い。
https://www.facebook.com/tofadaisuki/

ご主人は、かつて台湾に住んでおられたという日本の方で、
今年の春、浅草寺の裏手に「浅草豆花大王」を開店された。
仲見世と浅草寺を抜けて、お店へ歩いてゆく途中、
アニマル浜口・浜口京子父娘のレスリング道場を見かけた。

看板メニューの豆花は、
大(400円、300g)と小(300円、150g)で、100円の差しかない。
これはもう、大きいカップで食べなければ損というものだ。

豆花自体には、特に甘味料が加えられていないので、
黍砂糖(きびざとう=砂糖黍の汁を完全には精製せずに作った糖)のシロップ、
生姜を使ったシロップ、ピーナッツの煮汁を使ったシロップのいずれかを選び、
たっぷりと注いでもらう。
シロップは蜜やタレというようなものではなく、ごくごくと飲み干す感じである。

この「豆花+シロップ」という組み合わせだけで、とりあえずOKではあるのだが、
そこに何種類かのトッピング(各100円)を付けるのが、台湾では当然の流儀だ。

豆花のトッピングには、大きく分けると「団子」と「煮た豆や穀物」がある。
私は「花生(ホァシェン=煮たピーナッツ)」と「湯圓(タンユェン=米粉の団子)」と
「地瓜圓(ディグァユェン=薩摩芋粉の団子)」を選び、
連れは、定番のトッピングである花生の他に、
「薏仁(イーレン=鳩麦)」と「綠豆(リュドウ=緑豆)」を選んだ。

c0233798_13245678.jpg

c0233798_1325920.jpg


トッピングがたくさんあるので、豆花が少ししか写真に入っていないのが残念だが、
たとえ写真で見ていただいたところで、
「大王」お手製の豆花の質感と、口溶けのバランスは決してお伝えできない。

今から6~7年前のこと、某コンビニで「豆乳花」と称するスイーツが発売され、
実際の中身は、ペースト状にされた豆乳と黒砂糖の蜜だったのだが、
豆花の中途半端な偽物ぶりに辟易し、味の劣悪さにも失望した。

いつしか台湾スイーツが、日本に本格上陸するようになり、
既に「珍珠奶茶(タピオカミルクティー)」や「芒果冰(マンゴーかき氷)」に関しては、
レヴェルの高い品を、台湾に飛ばずとも賞味できるようになったが、
豆花については、これまで良いものに出会うことができず、
そもそも日本で売られているのを見かけることすら、私の知る範囲では皆無だった。

「浅草豆花大王」の登場は、我が長年の「豆花飢餓」を打ち破ってくれたと言える。
遂に日本にも本物の豆花が現れたことを、ここに私は宣言しよう。

c0233798_1344382.jpg

(「食べログ」所載の写真をお借りしました。)

台湾のスイーツ店では一般に、豆花とかき氷を一緒に売っていて(一年中!)。
豆花とかき氷のトッピングは、多くが共通している。
トッピングてんこ盛りでヴォリューム満点の、台湾式かき氷に慣れてしまうと、
日本のかき氷は、宇治金時と沖縄の「ぜんざい」を除き、
貧相に見えて仕方がなく、注文する気が起こらない。

「浅草豆花大王」でも、かき氷をメニューに加えるのは容易のはずだが、
実際に「大王」のお話によれば、かき氷の発売をご検討中であるという。
豆花と同じく、団子や煮た穀物をトッピングの主体とするものだけでなく、
台湾産の材料にこだわったマンゴーかき氷も、計画なさっているそうだ。

「かき氷はじめました」の知らせを、フェイスブックで見つけ次第、
私はすぐさま、「浅草豆花大王」を再訪するだろう。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-04 12:40 | ◇見聞を誌す

君よ知るや「勸世宗親會」(5)

勸世阿北(勧世阿北=世直しのおっさん)こと黄大旺が、
ちょうど今、東京に来ているのだという。
http://www.ymck.net/live/

  TPE-Chips -台北と東京をつなぐチップチューンを考える-
   会場   上野Untitled
         東京都台東区上野桜木1-5-6-B1
   DATE  2016年7月2日(土)
   TIME  12:00 ~ 18:00
   出演   [ライブ]
          理化兄弟 (from 台湾)/音速死馬 (from 台湾)/
          YMCK/Quarta330/Dong
         [トーク]黄大旺+日高良祐

勸世宗親會(勧世宗親会=世直し一族)を率いての来日ではないらしい。
残念至極である。

次回はぜひ、「ご一族」揃ってお越し下さい!


[PR]
by nazohiko | 2016-07-03 00:37 | ◆動画を視る