by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

伊東忠太資料

 日本建築学会建築博物館のウェブサイトで公開されている「伊東忠太資料」が面白すぎる。中でも、折に触れて書き綴られ、描き溜められたフィールドノート「野帳」は、第一級の学術資料と最上級のエンターテインメントを兼ね備えた傑作だ。

http://news-sv.aij.or.jp/da2/gallery_3_chuta1.htm

 伊東忠太(1867-1954)は建築家・建築史家。1902年、東京帝国大学工科大学(東京大学工学部の前身。当時は各学部に相当する「大学」が集まって、1つの「帝国大学」を構成していた)で建築学の助教授を務めていた若き日の彼は、彼のようなエリートには定番だった欧米留学を断る代わりに、中国・インド・トルコを股に掛ける建築歴訪の旅に出た。3年後に帰国を果たして教授に昇進した後も、その異色ぶりは止まることなく、研究と著述の傍らで、築地本願寺本堂(1934)を初めとする「???」で「!!!」な建築を続々と世に送り出した。

 黒澤明が内田百閒(1889-1971、帝大出身のドイツ語教授にして夏目漱石門下の作家)を描いた映画「まあだだよ」のように、伊東センセイを主人公に据えた映画やドラマを、誰か見せてくれないものか。
[PR]
by nazohiko | 2013-04-29 17:21 | ◆展覧を観る

アク・アク

 私は、アク・アクを持っていなかった。
 また、アク・アクがどんなものかも知らなかった。だから、たとえ持っていたとしても、使い方がわからなかっただろう。

 人類学者・考古学者トール・ヘイエルダールの『アク・アク:孤島イースター島の秘密』(山田晃訳、社会思想社「現代教養文庫」、1975)より、冒頭部分を録す。

 アク・アクとは何か? 彼はアク・アクを手に入れたのか? 私も、あなたも、アク・アクを持つことができるのか? それは敢えてここに書くまい (^^)
[PR]
by nazohiko | 2013-04-13 00:15 | ◆論考を読む

中島裕介さんの『oval/untitleds』

中島裕介さんから、第2歌集『oval/untitleds』を頂戴した。

続報を待たれよ。
[PR]
by nazohiko | 2013-04-08 23:43 | ◆詩歌を読む

けふは清明なり

今日は二十四節気の内の「清明」に当たる。

これは、太陽の動きのみによって日取りが決まるため(太陽黄経が15度の時)、
太陰太陽暦である東アジアの「旧暦」では日付が毎年変動するのに対して、
純粋な太陽暦であるグレゴリオ暦では、大抵4月4日か4月5日のどちらかに収まる。

中国語圏や沖縄では、清明の日に祖先の墓参をする。

ぐっと反り返った橋と、それを渡ってゆく人々の姿が印象的な「清明上河図」は、
北宋朝(960-1127)の都・開封(かいほう)の、この時季の賑わいを描いたもの。

c0233798_153453.jpg

[PR]
by nazohiko | 2013-04-05 00:05 | ◇見聞を誌す

現代版「年の内に春は来にけり」

年度の内に桜が咲き、今なお目の前に留まっている。
善哉、善哉。
[PR]
by nazohiko | 2013-04-01 06:18 | ◇感想を綴る