by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

安土城ラヴ

遠い昔に消え失せてしまった建造物を、1つだけ訪れることができるとしたら、迷わず安土城を選ぶ。

天主閣(天守閣)は、内部が巨大な吹き抜けとなっており、その中央に宝塔が鎮座する。2階では、舞台が吹き抜けの空間に突き出ている。織田信長が居住した3階には、吹き抜けを跨ぐように橋が架かっている。八角形に作られた朱塗りの5階は、地獄と極楽を表す仏堂となっており、金色づくしの最上階(6階)には、儒教の聖賢や道教の神仙が、四方に描かれている。

安土城の建築構造については異説もあるが、いずれにせよ信長という人物が、日本史上に二度と現れなかったのと同様に、安土城のような天守閣は二度と現れることがなかった。それは空前絶後の「夢の城」だったのである。随所に奇抜な趣向が凝らされたこと以前に、そもそも日本で初めて2階以上を生活の場としたのは、信長が初めてだったとも言われる(弥生時代以来の高床式住居は、これに含めない)。

豊臣秀吉も徳川家康も、信長に倣うことなく「1階の住人」に徹した。中国皇帝も朝鮮王も、判で押したように1階で生まれて、1階で死んだのだが、琉球国の宮殿として造られた首里城では、代々の王が正殿の2階に住んでいた。現在の首里城の正殿は、1712年に落成したもの(1945焼失、1992復元)である。1階の中央に「御差床(うさすか)」と呼ばれる玉座があるが、その背後には専用階段が設けられており、王はここを通って2階から登場したのだという。いったん2階より降りてきてから、廊下を歩いて玉座に向かったのではない。階段を下ってゆくと、そこに玉座があるのである。

漱石門下の異端児だった内田百間の随筆に、隠退後の吉田茂に招かれて、大磯の吉田邸を訪れた話が出てくる。応接間の中に、2階に通じる階段が設けられており、変わった間取りもあるものだと思っているうちに、そこから主人の吉田が降りてきた。百間はこれを、吉田の生活空間と応接間を直結する「御成(おなり)階段」だと表現した。宝塚スターのような登場シーンを好んだ琉球王も琉球王、吉田も吉田なら、それを面白がって随筆に書き残した百間も百間だ。私は、みんな大好きである。# by nazohiko | 2006-10-06 00:57
[PR]
by nazohiko | 2006-10-06 00:57 | ☆旧ブログより随想・雑記等

けふは8月14日なり

明日の晩が、旧暦8月15日の仲秋節に当たる。

新月(new moon)から次の新月までの時間を、旧暦では「1ヶ月(month)」と定義するので、毎月15日(1ヶ月の折り返し点)に「ほぼ満月」になるというのは、以前の記事に書いた通りである。実際には、満月の日付が1~2日ずれることもあるのだ。

今年の旧暦8月は、15日ではなく16日に満月となる。「仲秋の名月」と呼ばれるのは、必ず8月15日の月(moon)なのだけれども、完全無欠な満月を観たいという方は、明後日の夜空を見上げていただきたい。# by nazohiko | 2006-10-05 23:05
[PR]
by nazohiko | 2006-10-05 23:05 | ☆旧ブログより歳時の話題

茸のある食卓

雑誌「きのこ」に感化されて、今日は茸の入った夕食にしてみた。

シチュー仕立ての牛タンと茸(名前を訊ねそびれた)の食感は、思いのほか通じあうところがあり、両者のグラデーションが心地よかった。

デザートは林檎のコンポート。ゆっくりと食みながら、「これはこれは、甘くて大きな茸であることよ」と秘かに思った。

良くできた焼茄子を、まるで焼林檎だと感じたことはあるが、甘煮林檎の歯応えに茸を連想したのは、今晩が初めてである。 # by nazohiko | 2006-10-04 20:26
[PR]
by nazohiko | 2006-10-04 20:26 | ☆旧ブログより随想・雑記等

けふは8月13日なり

まもなく仲秋の名月である。

現在の日本では、便宜的に「新暦9月の満月」を愛でるようになっているが、本来は「旧暦8月15日」を仲秋節と呼んで、当夜の満月を眺めたのである。

日本で旧暦と呼ばれるものは、江戸時代後期に制定された「天保暦」を若干改訂したものだが、新月(new moon)から次の新月までの時間を「1ヶ月(month)」と定めてあるので、毎月の折り返し点である15日は、必ず満月(正確には「ほぼ満月」)になる。故に、満月のことを「十五夜」とも呼ぶのである。

旧暦の日付と新暦の日付は、平均すると約1ヶ月ずれるので、「仲秋の名月=新暦9月の満月」という読み替えも、それなりに便利だとは言える。だが、今年は旧暦7月の後に「閏7月」が入っているので、新暦10月6日という遅い時分に至って、やっと旧暦8月15日が巡ってくるのだ。

言い替えれば、今年の「新暦9月の満月」は9月8日という早さであり、これでは「仲秋の名月」という気分になるまい。「仲秋の名月」らしい季節感という点では、旧暦8月15日に対応する10月6日に、おのずから軍配が上がるだろう。

今日は旧暦8月13日に当たる。満月より2日だけ早い、所謂「十三夜」である。


※旧暦の仕組みや閏月については、過去記事「けふは閏7月19日なり(全3回)」をごらん下さい。 # by nazohiko | 2006-10-04 14:03
[PR]
by nazohiko | 2006-10-04 14:03 | ☆旧ブログより随想・雑記等

ピアノ・ソナタ K.330

短歌仲間の河野美砂子さんが、11月7日に「モーツァルトに会いたい」と題するピアノ演奏会を開かれる。曲目への思い入れや、練習時の所感を綴っておられるブログが面白くてたまらず、今日はピアノ・ソナタ K.330や、「私はランドール」による12の変奏曲 K.354の入ったCDを、図書館で手当たり次第に借りてきた。

K.330は、現在ではモーツァルト27歳の作品とされるハ長調のソナタ。音域は狭く、音の重なり具合も薄く、技巧的な運指を誇らず、転調も目立たないし、律動の変化にも富まない。第1楽章と第3楽章(終曲)を統べるコロラトゥーラ風の旋律も、響きの構造体から浮き足立つことがないので、少しもうるさく感じない。

音として大脳に届けられる刺激は、つまるところ最小限度に近いと言ってよいのに、この楽曲によって喚起される愉悦の、何と豊かで、瑞々しいことだろう。

似たような印象を持ったモーツァルト作品として、ディヴェルティメント K.136(ニ長調)と、交響曲第29番 K.201(イ長調)があるが、これら2曲には、まだ「聴き手を喜ばせよう」という欲望の残滓が見受けられる。それに対して、K.330のピアノ・ソナタを聴く心持は、モーツァルト自身のためだけに奏でられる音楽を、庭先にしゃがんで盗み聴きしているかのようだ。その意味で、私はこの曲を、モーツァルト作品の内でも最高の境地を示す作品と呼んでよい。

逆に言えば、このピアノ・ソナタは、私たちに微笑みかけてくることがないのだ。私たちのことなど知らぬ顔で、透明な結晶がひとりでに昇華してゆくように鳴りわたる、そんな冷たくてツレナイ楽曲というイメージもまた否めないのである。# by nazohiko | 2006-10-04 00:31
[PR]
by nazohiko | 2006-10-04 00:31 | ☆旧ブログより論考・批評等

くらしにきのこを!

某書店に赴いて、雑誌「きのこ」を購入した。歌人のIさんが「きのこコーナー」設置のため、特に仕入れられたものだという。

「きのこをめぐるカルチャーマガジン」なのだそうで、現在までに刊行された全ての号に、「くらしにきのこを!」というスローガンが太々と刷り込まれている。

とりあえず第2号を買ってみたのは、「小特集:冬虫夏草の世界」の文字に惹かれたからだが、この号の大凡を紹介すると……。

まず扉絵として、妖精たちと茸を描いたアーサー・ラッカムの作品が掲げられる。小特集「冬虫夏草の世界」には冬虫夏草(昆虫や蜘蛛の体から茸が生え伸びたもの)の写真だけでなく、それをモティーフとした陶芸作品や絵画までもが並ぶ。

引き続いて、茸好きの音楽家であるらしいチチ松村のインタビュー記事があり、「お菓子なきのこ」と題する連載には、今回は松露饅頭や松露団子が採り上げられている。それから茸料理の講座もあり、茸を食べれば頭が良くなるという講義もあり、また「ヘルシーな菌食の世界」と題して、「きのこの友達・酒」についても、造り酒屋の当主によって蘊蓄が傾けられる。

茸モティーフのネイル・アート、手編みの茸人形、茸をあしらったディオラマが数珠繋ぎに登場した後には、茸に関する本の書評、毒茸中毒のケース・スタディ、茸についての研究会や巡検の案内板といった硬派なコンテンツが続く。

連載「書画の中のきのこたち」では、西山宗因の発句「松が根に千代の影さすしめじかな」が、書家によって揮毫され、この第2号から始まった「映画の中のキノコたち」では、日本映画「かもめ食堂」がトリヴィアルに批評される。

読者投稿による茸の写真集は「一期一会のきのこの名優たち」と銘打たれており、ちょっと長めの科学読物「ロシアのきのこ」を読み切ったところで今号のエンディングとなるが、奥付の後に、茸料理専門店の広告が2つ載っていることに、読者はしっかりと気付かなければならない。

●茸に対する愛情が、ありありと溢れていること。

●茸の面白さを多くの人々に伝えようという熱意にも、溢れていること。

●入門者から上級者まで、各者各様に楽しめそうな内容であること。

●一個のエンターテインメントとして、合格の水準にあること。
 (内輪ウケや嘲笑の対象として脚光を浴びるべき雑誌ではない)

以上4つの理由により、私は雑誌「きのこ」の胞子に感染してしまった次第である。# by nazohiko | 2006-10-03 00:11
[PR]
by nazohiko | 2006-10-03 00:11 | ☆旧ブログより論考・批評等

機内食の後の乱高下

昨日のフライトは、離陸前に予告されていた通り、日本上空にさしかかってから、ずいぶんと揺れた。

そこそこの乱気流は、むしろ「空の旅の醍醐味」だと心得ているのだが、安全ベルトを締めていないと跳び上がってしまいそうな急落に遭った時には、さすがに若干戦慄したのか、「らくてん家とくろう症」と題された『サザエさん』の一篇が、脳裡にひらめいた。

 1コマ目:

   マスオさんとノリスケさんが飛行機に乗っていて、
   「ひどくゆれるねえ」と心配そうに話している。

 2コマ目:

   スチュワーデスがやってきて、
   エンジンが故障したので、ベルトを締めるように告げる。

 3コマ目:

   ノリスケさんとマスオさん、各々の想像の中で、
   彼らを乗せた飛行機が、黒煙を噴きながら墜落する。

 4コマ目:

   ノリスケさんの想像の中では、
   ノリスケさんが、先程のスチュワーデスと一緒に、
   南の島で、ウクレレを弾きながら暮らしている。
   海の向こうには、飛行機の残骸。

   マスオさんの想像の中では、
   小さな祭壇の上に、マスオさんの遺影が置かれている。

寂しげに微笑むマスオさんの遺影は、『サザエさん』全6477篇の中でも屈指の名画であり、残虐なまでの眼光で人間世界を見透かすことを得意とした長谷川町子の面目躍如と言えるが、揺れる機内でこの漫画を思い出した時、私の中のメーターは「ノリスケ側」から「マスオ側」へ、ちょっとだけ触れていたのだろう。# by nazohiko | 2006-10-02 12:51
[PR]
by nazohiko | 2006-10-02 12:51 | ☆旧ブログより論考・批評等

機内食の後の読書

しかしこの話でせっかく興が乗ってきたのに、ウィテリウスがそれをぶちこわした。彼はほろ酔いきげんで宴会に来ていたのだが、突然、なんの理由もなしに、だしぬけに無意味な笑い声をたてたのである。

「あの脂肪のたるは何を笑っているのかね」ネロがたずねた。

「笑いは人間を動物から区別いたします」ペトロニウスが言った。「あの男は自分がブタでないことを示す証拠がほかにないので、笑っているのでございます」

ウィテリウスは笑うのを途中でやめて、ソースと脂で光っている唇をぴちゃぴちゃ鳴らしながら、列席の者たちを、まるでいままで一度も見たことがないと言わんばかりの、びっくりしたような顔つきで見まわした。

※シェンキェーヴィチ『クオ・ワディス』(木村彰一訳)

# by nazohiko | 2006-10-02 01:38
[PR]
by nazohiko | 2006-10-02 01:38 | ☆旧ブログより随想・雑記等

ああ大和にしあらましかば

ああ、大和にしあらましかば、
いま神無月、
うは葉散り透く神無備の森の小路を、
あかつき露に髪ぬれて、往きこそかよへ、
斑鳩へ。
                 (薄田泣菫)

……とか何とか、熱っぽく詠われても、
帰国の時季が来ちゃったの厭だなあ、やっぱり。

これは、外国生活の中で日本(大和)を恋しがる詩じゃなくて、
明治30年代の後半から京都に住んでいた作者が、
すぐ隣の奈良県(大和)に思いを馳せた詩なんだけれど、
さっき荷物を詰めているときに、この一節を思い出して、
むやみに恨めしくなった。# by nazohiko | 2006-10-01 01:17
[PR]
by nazohiko | 2006-10-01 01:17 | ☆旧ブログより随想・雑記等