by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


<   2006年 10月 ( 29 )   > この月の画像一覧

さすらう学人の歌(2)

あちらでは正倉院展が始まったそうなので、
こちらでもゆるらかに執筆再開。

会津八一の全歌集と言ってよいらしい
『自註鹿鳴集』を読みながら、
私は、ひとつひとつの短歌が、
あたかも身に沁み入るような感触を覚えていた。
そして、私の身体は、
只でさえ細い目を、もっと細めたくなるような
そこはかとない幸福感に、浸されていったのである。

いろいろ試みてみたけれども、
このような心情的触覚や幸福感を、
適当な言葉で説明することができない。
私に好感を覚えさせる歌集であることは、確かなのだが、
今までに愛読し、論評を重ねてきたタイプの作品とは、
どうやらまるで異なったものであるらしいので、
『鹿鳴集』という抗原の流入に対して、
抗体となるような言葉を、作り出しかねているのだ。

会津八一の短歌、
特に『南京新唱』や『南京余唱』に纏められたような
古都奈良に取材した作品(両歌集ともに『鹿鳴集』所収)は、
文芸的な創作物というよりも、
むしろ一種の「儀式」なのかもしれない、
という思いがよぎったこともある。
それは「歌の徳」による饗応、「言霊」による供儀だというよりも、
歌そのものが、ひとつの「儀式」であり、
大千世界の鳴動ですらあるかのような。

  ほほゑみて うつつごころ に ありたたす 
  くだらぼとけ に しく もの ぞ なき

  おほらかに もろて の ゆび を ひらかせて
  おほき ほとけ は あまたらしたり

こうした歌に対して、
私が抱いた「言葉にならない幸福感」は、
なるほど、儀式というものに列席した時に、
ふと自覚させられる、良い意味で空虚な幸福感と、
どこかで繋がっているような気がする。
一方で、会津短歌の中でもとりわけこれらの歌は、
近代文学的な「物思い」から、
完全にとは言わぬまでも、かなり離れたところに
「ほほゑみて」「ありたたす」ようにも想像される。

だが、待て。
「会津八一の短歌は、儀式である」と宣言したいのなら、
その前に、「儀式」という行為(もしくは装置)の正体について、
もっと具体的な言葉で定義を与えることが、
できるようにならなくてはならない。
また、歴史的に見て、
短歌という文芸ジャンルには、様々な意味や次元において、
少なからぬ「儀式」性が、纏わり続けてきたのだ。
例えば、額田王の歌に纏わった「儀式」性と、
会津短歌に私が指摘したがっている「儀式」性の間に、
系譜関係はあるのか、ないのか、
会津八一と同時代の歌人には、
会津短歌に匹敵するほどの「儀式」性を備えた作品は、
皆無だと言えるのか、言えないのかといった問題についても、
きちんと答えなくてはならないのだ。

格好良さそうなキャッチフレーズを思い付いただけで、
会津八一の短歌を、
きれいに読み解けたような気持ちになるとしたら、
それほど危険なことはない。
私は、少なくとも当面の間は、
「これは儀式なのである」という、根拠のあやふやな認識を、
厳しく封印した状態を保って、
会津短歌に向き合ってゆく必要がある。

そういうわけで、もう一度繰り返して言おう。
今の私にとって『鹿鳴集』は、
なぜだか分からないけど、好きな歌集である。

※続く

# by nazohiko | 2006-10-30 00:01
[PR]
by nazohiko | 2006-10-30 00:01 | ☆旧ブログより論考・批評等

ミラ・リュン(Mira Leung)

何度も申し上げますが、
あの女子プロレス系フィギュアスケートが、
たまらんのです!

今日の試合も、
期待を裏切らない異端児ぶりでした。

【旧ブログには画像あり】

# by nazohiko | 2006-10-29 21:00
[PR]
by nazohiko | 2006-10-29 21:00 | ☆旧ブログより随想・雑記等

□□

カンボジアの死(注、文民警官戦死)の扱ひが気にくはぬ成るつたけ薄く引けマーガリン

カセット(注、フォーレ小品集録音のため)を女は買へり男あり自転車の泥磨きて待てり

□□(注、空白は白きが故にどちらかが先立つといふ女男のかなしみ)


岡井隆の17番目の歌集『神の仕事場』(1994、砂子屋書房)より。
「五月五日」と題された、5首から成る連作から抜粋してみた。

短歌の31拍には含まれない「注」が、
ひとつひとつの作品に挿入されてゆくという形で、
連作が進行していった末に、
最後の1首でどんでん返しを迎える。
「□□」という2個の四角形が、その本文なのであり、
短歌の形を取ったものは、「注」の立場に回されてしまうのだ。
ちなみに、「空白」と「女男」には、
それぞれ「ブランク」と「めを」のルビが付けられている。

1993年頃の「短歌研究」誌に、
加藤治郎が、このラスト1首について書いていたのを記憶している。
記号短歌(文字ではないものを組み込んだ短歌)に関する文章の中で、
そうした歌のひとつの究極(「岡井マジック」)として、
加藤は「□□」の歌を解説していたのだったが、
私は、記号短歌づくりにおける発想転換の凄さに
十分な敬意を覚えながらも、
むしろ一個の人形劇として、この作品に大きな魅力を覚えたものだ。

文楽で使われる人形を、思い起こしてほしい。
表情が(ほとんど)変化しない故にこそ、
非情な悲劇に、一層の非情味を添わせる、
白い木彫の人形である。
いつも硬い表情をしているからこそ、
却って千変万化の陰影を、
観客に幻視させてくれる人形であるとも言えるが、
私は「□□」に、そんな2体の文楽人形を連想させられた。
そして、韻文形式で綴られた「注」は、
人形から一歩離れた場所から語られる、浄瑠璃である。

私は、2つの四角形の上に、
向き合う「女男」の生々しい表情が、
いくつも浮かび上がってくるような気がした。
また、「どちらかが先立つ」という非情な真実が、
あえて短歌的独白の形では歌われず、
記号短歌(文楽人形)に付き添う、三人称の「注」(浄瑠璃)という
立ち位置から発せられることによって、
「どちらかが先立つ」宿命の非情さや、
そのように自覚している「女男」や、
ひいては岡井自身のものでもあろう「かなしみ」を、
より鮮烈に、目の前に突きつけられるように思われたのである。

附言しておくが、
「五月五日」の残り4首に付けられた「注」は、
決して、最後の1首を引き立てるためだけに存在するのではない。

例えば、連作の2首目に置かれた「カンボジアの死……」の歌だが、
「文民警官戦死」という散文的な言葉が、
韻律の流れを中断する「注」として、暴力的に入ってくることにより、
この1首は、「カンボジアの死(者)」とそれをめぐる感情に、
騒々しいリアリティを与えることができたのである。
「岡井マジック」は、ここに成就したと言える。# by nazohiko | 2006-10-28 00:26
[PR]
by nazohiko | 2006-10-28 00:26 | ☆旧ブログより論考・批評等

いいい!

平井堅の唄う「瞳をとじて」の中に、

  瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい

という一節があるけれども、
まだ日本語のうまくない友人が指摘するには、
この「いい」には、3つの音符が充てられていて、
つまり、「い・い・い」と発声されている。

そのように言われてみて、気が付いたのだが、
「ああ」「いい」「うう」「ええ」「おお」という
母音2つずつの組み合わせは、
いずれも楽曲の中で、3つ以上の音符を与えられて、
つまり、引き伸ばされて唄われることが少なくない。

これらの中で、
「ああ」「いい」「うう」「おお」は、
現代日本語にあっては、
間投詞としてしか機能できないものだから、
いくら同じ母音を継ぎ足されても、
せいぜいニュアンスが変わるだけのことで、
例えば「ああ」が「あああ」になっても、
少なくとも、奇異に聞こえることはない。

しかし、「いい」だけは、
そのまま形容詞として通用する単語である。
だから、「いい」という2拍の単語が、
「い・い・い」と、3つの音符で唄われてしまうと、
外国人の新鮮で敏感な耳には、
極論すれば、未知の単語「いいい」として聞こえるわけだ。

そのように指摘されてから、
「瞳をとじて」の歌を耳にする機会がある度に、
「それだけで い・い・い」の部分が気になってしまって、
ちょっと困る (^_^)

平井堅の「いいい」が、気になるようになってから、
つまり、脳内にそういうアンテナが出来てしまってから、
私自身、更にいくつかの「いいい」を発見した。
杉良太郎の「すきま風」に至っては、

  その朝おまえは 小鳥のように 胸に抱かれて 眠ればいい

最後の「いい」を、
幾分曖昧にではあるが、なんと4つに区切って、
「い・い・い・い」と唄っている。
往年の時代劇「遠山の金さん」のエンディング曲であった。 # by nazohiko | 2006-10-26 01:11
[PR]
by nazohiko | 2006-10-26 00:11 | ☆旧ブログより論考・批評等

再び紀野恵のこと(6)

●なほこそ国の方は見やらるれ わが父母ありとし思へば かへらや

紀貫之の『土佐日記』に筆録された舟唄の、いわば子孫として、

●晩冬の東海道は薄明かりして海に沿ひをらむ かへらな

紀野のこの短歌は、生まれ出たのだろう。

衛星写真を見るような、雄大な俯瞰において、
冬から春への蘇りを、
今にも遂げようとする「東海道」の姿が描き出される。

聴覚的に極めて柔らかい「かへらや」を、
そのまま流用することをせず、「かへらな」と改めてあるのは、
硬質な情景や文体にフィットさせるための、配慮であろうか。
「かへらな」の方が、より意志的な響きを帯びているとも言えよう。# by nazohiko | 2006-10-24 13:14
[PR]
by nazohiko | 2006-10-24 13:14 | ☆旧ブログより論考・批評等

人気の名前と言うけれど

明治安田生命保険の調査によると、
今年の新生児に最も多く付けられた名前は、
男の子では「陸(りく)」、
女の子では「陽菜(ひな、はるな等)」だという。

多いと言っても、どれくらい多いのか。
そもそも「同社の保険に入った新生児」を
対象にした調査だというので、
あらゆる経済水準の家庭を網羅できてはいないのだが、
それはともかくとして、
「陸」ちゃんは、男の子4419人の中の24人、
「陽菜」ちゃんは、女の子4167人の中の35人なのだった。
つまり、0.54%と0.84%である。

彼らが成長して、40人の学級に入ったとすると、
「陸」ちゃんの人数は、ひとつの学級に0.216人ずつ、
「陽菜」ちゃんの人数は、0.336人ずつということになる。
言い換えれば、
「陸」ちゃんの出現頻度は、5学級に1人でしかなく、
「陽菜」ちゃんの出現頻度も、3学級に1人でしかない。
私の感覚では、多いという印象は受けない数字である。

日本人の名前は、ヴァラエティがずば抜けて高いので、
人気No.1の名前と言っても、
その程度にしかならないのだろう。
人名用漢字を制限しない中国語圏や朝鮮半島すら、
これほどのヴァラエティにならない。

イスラム教圏の路上で「ムハンマド!」と呼ぶと、
たちまち20人くらいが振り向く……という俗説があるし、
キリスト教圏で「マリア」という女性に遇うことも多々ある。
彼らの場合、名前は「新しく作るもの」ではなく、
むしろ「限られた範囲から選ぶもの」として意識されるのだ。

但し、キリスト教圏の中でも、
ロシアの正教徒のように、
生まれた日にちなむ聖人たちの中から、
名前を授かるのをしきたりにしてきた人々もある。
このようなシステムにすれば、
同名の人が現れすぎないように、調整することができる。

仮に、365日を通じてコンスタントに人が生まれるとして、
なおかつ、それぞれの日に、
男女1人ずつの聖人が対応させられているとすると、
男女ともに、同名の人に遇う確率は、
365分の1(0.27%)になるわけである。
この数字は、「陸」ちゃんのちょうど半分にあたる。# by nazohiko | 2006-12-23 10:21
[PR]
by nazohiko | 2006-10-23 10:21 | ☆旧ブログより論考・批評等

デュシャン的小品(2)

くわんおん の 骨 まで 凍てて ぶち切らる

# by nazohiko | 2006-10-17 20:01
[PR]
by nazohiko | 2006-10-17 20:01 | ☆旧ブログより韻文・訳詩等

さすらう学人の歌(1)

題名は、グスタフ・マーラーの絶唱「さすらう若人の歌」より。
マーラーは、この歌曲を譜面に書き付けた作曲家であり、
実際に声に出して歌うのは、バリトン歌手の役目なのだが、
それでも敢えて「マーラーの絶唱」と呼ばせてもらおう。

さて、正倉院展を目前に控えて、
これまで興味のなかった、会津八一の短歌を読んでみた。
会津は寡作というより、
よほど納得した歌でなければ、発表しなかった人らしいが、
1940年(当時60歳)に編まれた『鹿鳴集』全1冊に、
彼の半生に公刊された歌が、ほとんど収まっており(約370首)、
最晩年の1955年(73歳)に作られた『自註鹿鳴集』の形で、
現在は岩波文庫に入っている。
会津自身による脚注が加わっても、やはり1冊本である。

※続く

# by nazohiko | 2006-10-17 00:24
[PR]
by nazohiko | 2006-10-17 00:24 | ☆旧ブログより論考・批評等

「ぬばたまのネロ」小考

先の日記「ぬばたまのネロの饗宴」は、
塚本邦雄が好んで使った
「ぬばたまのネロ」という枕詞表現を借りて、
題名としたものである。

仮に、最晩年の歌集『約翰傳偽書』から引いてみれば、

  気紛れに愛して忘るぬばたまのネロ皇帝と雨月の花火

というが如し。

アヤメ科の多年草ヒオウギの
丸くて黒い果実を原義とし、
伝統的に「黒」「夜」「夕」「宵」「髪」などに係る
枕詞として用いられてきた「ぬばたま」を、
第5代ローマ皇帝の名に接続したわけで、
如何にも塚本風の力技でありながら、
なるほど、ネロ皇帝にまつわる諸々のイメージと調和して、
存分の説得力を発揮するのである。

30歳にして玉座を追われ、自死に追い込まれたネロにとって、
塚本が捧げた「ぬばたま」の枕詞こそは、
最もふさわしい帝冠であると言えようか。

後から気付いたことだが、
今もローマを首都として戴くイタリアの言葉では、
「黒い」という形容詞を"nero"と言う。
超絶的な博覧強記を誇った塚本のことであるから、
このあたりまで計算した上で、
「ぬばたまのネロ」を着想したのかもしれない。
そうであれば、
「ぬばたま」は「黒」に係るという古来の約束を、
塚本は涼しい微笑を浮かべながら、
ちゃっかりと遵守していることになる。

尤も、ネロ皇帝が話していた頃のイタリア言葉、
即ちラテン語では、
「黒い」を"nero"と言わずに"niger"と言う。
そこまで正確を期して、
例えば「逃げるネロ」などと洒落込んでみては、
あいにく、いまひとつ華に欠けるのだが。# by nazohiko | 2006-10-16 18:35
[PR]
by nazohiko | 2006-10-16 18:35 | ☆旧ブログより論考・批評等

ぬばたまのネロの饗宴

シェンキェーヴィチの『クオ・ワディス』を、
まだ読み終えてはいないのだが、
岩波文庫本で上・中・下に分かれているうちの、
上の巻まで目を通したところで、
これより先へ読み進めたいという意欲が、
いまひとつ湧かなくなってしまった。

書物との出会いは、
相撲の「立ち合い」に似ていて、
向き合って手をつくことを繰り返したり、
時には「待った!」をかけたりしているうちに、
あちらとこちらの呼吸が合う瞬間が、
やってくるものだ。

この大河小説を、再び手に取りたくなる時分が来るまで、
しばらく書架で休んでもらうことにして、
ここらへんで、いつもの一言居士を務めておくことにしよう。

『クオ・ワディス』の序盤部分で、最も出色に思われたのは、
若き武人ウィキニウス、異民族の少女リギア、
そして元老院議員ペトロニウスなどなど、
物語の主役たちが勢揃いする、ネロ皇帝の大饗宴の場である。

ペトロニウスは実在の人物であり、
この場面は、明らかに、
彼自身が書いた散文長篇『サテュリコン』の中から、
「トリマルキオンの饗宴」の章を、下敷きにしている。
いわば、彼に捧げられたオマージュでもあるのだ。

「トリマルキオンの饗宴」の有様は、
放浪学生エンコルピオスの一人称の語りによって報告され、
その明晰でシニカルな観察ぶりに魅力がある。
「趣味の審判者」と謳われ、洗練と韜晦で一生を過ごした
宮廷人ペトロニウスの面目躍如と言えるが、
『クオ・ワディス』におけるネロの饗宴では、
突然宮殿に連れてこられて、
右も左も分からない状態のリギアが、この場面の核となる。
彼女の挙動や情動は、一貫して三人称で描写され、
私たちは、リギアの視線や感情起伏を媒介にして、
宴会場を去来する人々を眺めることになる。
そんな遠近法的な筆致が、こちらの魅力である。

宴席でリギアを取り巻く状況にも、遠近法が効いており、
遥かな玉座から、ネロが冷たい視線を送ってくるかと思えば、
リギアの護身役として、隣に座っていたはずのウィキニウスが、
酒に酔った勢いに任せて、彼女に猛烈な求愛を始めたりと、
「カメラワーク」の妙は比類がない。

そして何よりも、ここで描かれる徹夜の酒宴は、
とにかく底抜けに面白くて、馬鹿馬鹿しくて、豪奢なのである。

惜しむらくは、
宴会の最初から最後まで、ネロの傍らに座して、
弁舌の才をほしいままにしていたはずのペトロニウスに、
たった1度しか「カメラ」が向けられないことだ。
リギアの従者である巨人ウルススが乱入してきて、
ウィキニウスの求愛に困惑するリギアを抱え上げ、
そのまま連れ去ってしまうという椿事が起こった時に、
ペトロニウスがどんな表情を浮かべ、どんなことを言ったか、
ぜひとも物語ってほしかったのだが。
いや、そのしばらく前にネロは退席しているから、
ペトロニウスも、ネロに随って宴席を後にしていたのかもしれない。# by nazohiko | 2006-10-16 00:51
[PR]
by nazohiko | 2006-10-16 00:51 | ☆旧ブログより論考・批評等