by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


<   2006年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

うちゅうのことばはテレパシー♪

教育テレビ史上、屈指の迷曲「うちゅうじんのテレパシー」に、
こんな歌詞がありましたけど、それはともかく。

和歌にまつわる伝説をひもといてみると、
神々や亡霊が、人間に言葉をかけてくる時、
それがしばしば、五七五七七の形式を取っていることに気づきます。
かつて和歌は朗詠するものでしたから、
その意味でも日常会話とは異なる、神聖な通信プロトコルとして、
和歌には、一目が置かれていたというわけですね。

和泉式部が熊野権現に
 ・晴やらぬ身のうき雲のたなびきて月のさはりとなるがかなしき
と呼びかけたところ、当夜の夢に権現が現れて、
 ・もとよりも塵にまじはる神なれば月のさはりも何かくるしき
と返歌したとか。

これまた和泉式部が、
 ・もの思へば沢のほたるもわが身よりあくがれ出づるたまかとぞ見る
と嘆息すれば、今度は貴船明神から
 ・奥山にたぎりておつる滝つ瀬のたまちる許ものな思ひそ
とレスポンスがあったとか。

神々とこのように交唱したと謳われる和泉式部に対して、
和歌でメッセージを送ってきた亡霊の代表選手は、藤原義孝でしょう。
百人一首にも入集している義孝は、若くして死去した後、
賀縁という僧侶や、妹や母親の夢枕に立ち、
 ・時雨には千種の花ぞ散りまがふなに故郷の袖濡らすらむ
 ・着て馴れし衣の袖もかわかぬに別れし秋になりにけるかな
 ・しかばかり契りしものを渡り川かへるほどには忘るべしやは
と、それぞれに向かって1首ずつ詠んだのだそうで。

義孝の奇譚は、『大鏡』や『今昔物語』などに載っていますが、
面白いことに、和歌の秀作選であり政府刊行物でもある、
勅撰和歌集にまで、これら神々や亡霊の作品が収められています。

熊野権現や貴船明神の「御製」は、和泉式部のエピソードを詞書として、
それぞれ『風雅和歌集』と『後拾遺和歌集』の神祇部に並んでいますし、
義孝の亡霊が詠んだとされる歌も、『後拾遺和歌集』に、
「義孝の母が夢で聞いた歌」や「大鏡に出てくる歌」などとは称されず、
他ならぬ義孝自身の作品として、入集しているのでした。

『後拾遺和歌集』には、長文の詞書が多いことで知られますが、
これはつまり、ひとつひとつの和歌が成立した背景に、
撰者の藤原通俊が、並々ならぬ興味を寄せていたということです。
そうした中で、神々や亡霊が和歌を詠んだというエピソードや、
その時の作品が、セットを成していくつも採録されたというわけです。# by nazohiko | 2006-04-30 00:47
[PR]
by nazohiko | 2006-04-30 00:47 | ☆旧ブログより論考・批評等

「幻想交響曲&レリオ」演奏会 寸感

日本フィルハーモニー交響楽団 第579回定期演奏会
2006年4月13-14日 午後7時 サントリーホール

◆ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14a
 小林研一郎(指揮)

◆ベルリオーズ:レリオ、または生への回帰 作品14b
 小林研一郎(指揮)
 辰巳琢郎(レリオ役)
 五郎部俊朗(テノール)
 大島幾雄(バリトン)
 早稲田グリークラブ 他(合唱)
 川口義晴(日本語版台本)
 岩田達宗(演出)
 成瀬一裕(照明)

 ベルリオーズの「幻想交響曲」(1830)には、実は続篇があったのです。それが「レリオ、または生への回帰」で、「幻想交響曲」の翌年(1831)に着手・完成されました。「幻想交響曲」が演奏会の人気プログラムであるのに対し、演劇的なこしらえの「レリオ」に接する機会は、CD等ですら極めて乏しいのですが、今回はそんな「幻想交響曲」と「レリオ」の2本立て、なおかつ「炎のコバケン」と呼ばれる小林研一郎が指揮を執るというのですから、私は飛びつくように切符を取り、演奏会の晩を心待ちにしていました。

 作品番号の順序どおり、演奏会は「幻想交響曲」に始まりました。多感でハイテンションなヴァイオリンと、時にアタック鋭く、時に粘度の高い低音楽器群を2本柱として、小林の率いるオーケストラは推進してゆき(そう、これらこそ「幻想交響曲」の命だと信じて疑いません)、精確にして雄勁な管楽器と打楽器が、音楽のいわば筋肉を務めました。弦楽器の群は、協和音と不協和音が交替しあうような箇所で、両者の表情を明確に奏し分けようとしていたように察せられ、それは寸刻たりとも安定しない情動を象徴するかのようでした。

 第2楽章「舞踏会」はハープが活躍しますが、予想していたよりも硬質な音色を発し、あたかも紳士淑女の自我が、金色の大広間に乱反射する有様か、そうでなければ主人公の青年を突き刺すような舞踏会の光輝のように映えました。第3楽章「野の風景」では、舞台の外で独奏されたオーボエの美音が、強く記憶に残りました。そして第5楽章「サバトの夜の夢」では、葬歌「怒りの日」に合わせて、細長いチューブ・ベルではなく、大型の鐘がハンマーで鳴らされ、その非常に尾をひく残響は、凶兆の赤い彗星の姿にも似て、全管絃楽に拮抗できるほど存在感がありました。

 強奏で締め括られる楽章のうち、第2楽章と第5楽章では、いずれも最後の和音を長々と誇示するあまり、少々のいやらしさを生じてしまったようでもありますが、今晩の「幻想交響曲」は大いなる満足を私に与えてくれました。


*      *      *      *      *


 休憩後にホールへ戻ってみると、譜面等を山積みした机・執務椅子・ソファーが、作曲家の書斎に見立てて、オーケストラの前に配置されていました。「レリオ」の主人公レリオは、ベルリオーズの化身と言うべき少壮作曲家で、「幻想交響曲」と「レリオ」を一続きの物語として上演した場合には、「幻想交響曲」に描かれた青年がすなわちレリオであり、更には「幻想交響曲」自体が、レリオが自殺未遂(阿片の服用)による昏睡中に見ていた悪夢だったことになります。

 「レリオ」は、全てがオーケストラだけで(言葉を伴わずに)表現される「幻想交響曲」と異なり、レリオ役の俳優による独白と、独唱曲・合唱曲・オーケストラ曲が交錯しながら進行します。第1曲「漁師、ゲーテのバラード」から第5曲「エオリアン・ハープの思い出」までは、独白するレリオの脳裏で響いている音楽であるため、今晩の上演では、オーケストラや歌手にほとんど照明を当てないことによって、そのことが表示されていました。最後の第6曲「シェイクスピアの『嵐』による幻想曲」に至って、レリオが自作を試演しているという設定のもとで、レリオだけでなく舞台全体が灯火に包まれました。

 「レリオ」のオリジナル台本は、悪夢としての「幻想交響曲」にそのまま引き続く形で執筆されており、「俺はまだ生きていたのか……恐ろしい夢を見たものだ……」云々の独白によって、音楽なしにスタートするようになっているのですが、今回は冒頭に「幻想交響曲」の終結部分が再び演奏され、これに乗ってレリオが登場、阿片を飲み下して昏倒し、うなされながら輾転反側するという無言劇が追加されました。「レリオ」という馴染みのない作品が、「幻想交響曲」の続篇であるという印象を確保するという意味では、良い処置だったと思いますが、自殺未遂と悪夢の一夜を演じるにしては時間が短すぎ、かといって「幻想交響曲」をこれ以上多めにリピートするわけにもゆかないでしょうから、中途半端な場面だという印象も残りました。

 毒物の効力が尽きて、「生と和解する」ことを余儀なくされた作曲家レリオは、失恋(ベルリオーズのストーカー的執着対象だった女性アンリエットの名が、そのまま出てきます!)によって一気に呼び覚まされた積年の苦悩・悲痛・厭世観などを、自問自答を重ねながら次第に消化してゆきます。その過程で彼の脳裏に、自身の旧作であるという歌曲、亡霊の合唱、山賊の蛮声、エオリアン・ハープのさやずれ等、様々な音楽が去来するのですが、「幻想交響曲」でアンリエットを表していた楽想が、時として耳に混じりこみ、彼を惨憺たる心情に引き戻すのでした。

 やがてレリオは、敬愛するシェイクスピアと同じように「初めは世に認められなかった才能」の列に連なることを決意して、再び「誰も書いたことのない、新しい音楽」を模索し始めます。そして、シェイクスピアの『嵐』を題材とした合唱曲を書き下ろし、オーケストラを招集して試演をひとまず成功させたところで、そのままハッピーエンドかと思いきや、舞台を去りかけたレリオは、その刹那にまたしてもアンリエットの楽想を幻聴してしまい、「まただ……まただ……いつまで続くのか……」と最後の呟きを発するのでした。


*      *      *      *      *


 レリオ役が辰巳琢郎だというのは、線の細さやインテリ的雰囲気を帯びた俳優ですから、意外なようでもありましたが、終演時には十分に納得させられていました。激情と奇行の人であったベルリオーズ、そして彼の化身としてのレリオは、決して野蛮人でも狂犬でもないのです。レリオのとめどない独白は、どれほど高調しても絶叫調に陥らず、どこまでも理屈っぽいのですが、独白の中でも言及されるハムレットが、あくまで王家の一員であるのと同様、ベルリオーズ=レリオもまた「フランスの芸術家」という人種であり「19世紀の知識分子」に属するのです。ちなみに、第3曲「山賊の歌」に合わせてレリオは、オリジナル台本によれば山賊風の武器を手にして歩き回ることになっているのですが、辰巳の演じるレリオはサングラスをかけ、マシンガンを乱射していました。この場面は「暴力的な妄想のあまり異装に走ってしまうレリオ」が主題ですから、今やアクチュアリティのない山賊装束ではなく、テロリスト風の出で立ちを選んだことによって成功したと思います。

 幕切れの台詞は、私がこれまでに見た日本語版台本や作品解説では、いずれも「もう1度聴かせてくれ」という意味に訳されていました。今回の川口義晴による日本語版台本では、そうではなく「またしても聞こえてしまった」という文脈になっていましたので、つまりアンリエットの楽想に対するレリオの態度は、言葉の表面上、従来の和訳とは逆転したことになります。「もう1度」あるいは「またしても」に相当する箇所は、原文では"encore"となっており、この語をどう解釈するかによって、なるほど2種類の和訳があり得るのですが、私は川口訳に軍配を上げます。新作を書き下ろし、作曲家として「生への回帰」を軌道に乗せつつある段階のレリオは、もはや正面切って「もう1度聴かせてくれ=もう1度アンリエットに会わせてくれ」と懇願するようなレリオではないと思いますし、一方「またしても聞こえてしまった」という言葉の奥底には、「もう1度聴かせてくれ」という心情も垣間見えるようであり、終わりのない物語を暫定的に閉じる呟きとして、含蓄深いと思うからです。



*      *      *      *      *


 惜しむらくは、第1に台本だけでなく歌詞までも日本語訳されていたことです。クラシック音楽の発声法で日本語を歌うと、特に合唱はあまり聴き取れません。ならば歌詞は訳さず、「芸術界の神聖言語」のような趣でフランス語のままにしておくほうが、レリオの孤高なキャラクターに合っているようでもあるし、良かったのではないかと思います。

 第2に、やはり「幻の作品」に名曲は少ないものでしょうか、「レリオ」に含まれる6つの楽曲は、「幻想交響曲」に比べれば聴き劣りすると言わざるを得ませんし、独白劇としてのストーリー展開はともかくも、6曲の性格があまりにバラバラであったため、演奏会(音楽を聴く会)のプログラムとしては虚弱でさえあります。終曲「シェイクスピアの『嵐』による幻想曲」は、レリオの自信作として演奏されるものであるだけに、さすがに聴き応えがありましたが、これとて「幻想交響曲」の終曲に匹敵するほどの傑作ではないでしょう。ベルリオーズの作品の中でも、「レリオ」が顧みられることは少なかった理由は、オーケストラ以外に歌手や俳優を必要とすることだけでなく、音楽作品として必ずしも優れていないことにも求められるのかもしれません。まして「幻想交響曲」と「レリオ」の2本立てによる演奏会は、少なくとも音楽面では竜頭蛇尾を免れないというわけです。

 但し、私たちはレリオ=ベルリオーズが、この後「イタリアのハロルド」「ロメオとジュリエット」「ベンヴェヌート・チェッリーニ」「レクイエム」「テ・デウム」「トロイアの人々」等々、数多の名曲を残したことを知っています。自殺未遂から立ち直ったばかりのレリオ青年には、まだ生み出せなかった「誰も書いたことのない、新しい音楽」は、壮年のベルリオーズによって、続々と実現していったのです。私たちは「幻想交響曲」と「レリオ」の更なる続篇として、これらの名曲を頭の中に響かせながら、帰路に就けばよいのではないでしょうか。たくましい腕でレリオが指揮する「ハロルド」や「ロメオ」を夢想してみる時、「幻想交響曲&レリオ」の演奏会は、私たち一人一人の中でおぼろげに完結するのです。# by nazohiko | 2006-04-15 01:39
[PR]
by nazohiko | 2006-04-15 01:39 | ☆旧ブログより論考・批評等

成分解析 on WEB

このところ短歌仲間で「成分解析 on WEB」というものが流行しています。
下記アドレスのウェブページに、好きなキーワードを入力して、
「成分を解析する」と書かれたボタンを押してみましょう。

http://seibun.nosv.org/

たわいないプログラムなんですが、
時としてドキッとするような「成分解析」を披露してくれます。

>文芸の解析結果
>文芸の96%は嘘で出来ています
>文芸の4%は雪の結晶で出来ています

>和歌の解析結果
>和歌の52%は怨念で出来ています
>和歌の46%はマイナスイオンで出来ています
>和歌の2%はミスリルで出来ています

ちなみに、私の名前を「成分解析」にかけてみると……。

>謎彦の解析結果 :
>謎彦の57%は保存料で出来ています。
>謎彦の20%は知恵で出来ています。
>謎彦の13%はカテキンで出来ています。
>謎彦の9%は勢いで出来ています。
>謎彦の1%は着色料で出来ています。

たわいないプログラムなんですが (^^)

# by nazohiko | 2006-04-12 00:41
[PR]
by nazohiko | 2006-04-12 00:41 | ☆旧ブログより随想・雑記等

宋詩と夢窓疎石の和歌

 新しく岩波文庫に入った吉川幸次郎の『宋詩概説』によれば、中国唐朝時代(618-907)から宋朝時代(960-1276)への変転によって、それまで権勢を誇っていた世襲貴族が没落し、試験によって採用されたエリート官僚が、新たに国家運営の主役となりました。これに伴って、詩文芸の担い手も交替したために、唐詩と宋詩の間では、内容傾向に幾つかの違いが生じたといいます。

 激烈な表現を好む唐詩に対して、冷徹な言辞を得意とする宋詩。感傷的・詠嘆的に綴られる唐詩に対して、「悲哀の止揚」を意識しながら編まれる宋詩。情緒に支配される唐詩に対して、哲学性が勝りがちな宋詩。受身意識や虚無感を漂わせる唐詩に対して、志気や自負をのぞかせる宋詩……。

 この1冊は、吉川の興味深い宋詩観を詳述することではなく、宋朝時代の詩人たちを年代順に紹介することを、主な執筆目的としています。ですから、書中に多数の宋詩が挙げられてはいるものの、吉川のいう宋詩の特色について、必ずしも好例を提供するものではないというもどかしさがあります。また、唐詩と宋詩の相違論それ自体にも、十分な紙数が割かれていないので、ステロタイプの提示に止まってしまったきらいがありますし、唐詩と宋詩が互いに異色であることの要因が、もっぱら貴族とエリートの(これまたステロタイプ気味な)気風的相違に帰せられてしまうことにも、私はいまひとつ説得力を認めることができません。

 「概説」と題された書物に、以上のような批判を述べても不毛なのかもしれませんが、これとは別の読後感として、私は2首の和歌を思い出しました。

  葛はうらみ尾花は招く夕暮をこころつよくも過ぐる秋かな

  今見るは去年別れにし花やらむ咲きてまた散るゆゑぞ知られぬ

宋朝が300年の歴史を閉じようとしている頃、鎌倉時代後期の日本に生まれた禅僧・夢窓疎石の作品です。唐詩にひとつの範を求めていた古今集の歌人たちなら、古今集をひとひねりして継承した新古今集の歌人たちなら、例えば前者の第4句には「おぼつかなくも」とでも埋め込んだことでしょう。間違っても上句を「こころつよくも過ぐる」という言葉では受け止めなかったはず。

 宋詩が日本に及ぼした影響について、吉川は書中でほとんど触れていませんが、禅僧たちが幅広く宋朝文化の導入と消化に努めていた鎌倉時代のことです。夢窓疎石のこのような歌風は、宋詩への親炙を通して育っていったのかもしれません。私は、夢窓疎石を初めとする中世禅僧の文芸活動について、全般に無知ですし、宋詩についても『宋詩概説』を、不満足を覚えながらも読みかじったにすぎませんから、これ以上の臆断は避け、ひとまず宋詩に夢窓疎石を連想したことのみ、短報しておきたいと思います。# by nazohiko | 2006-04-10 12:12
[PR]
by nazohiko | 2006-04-10 12:12 | ☆旧ブログより論考・批評等