by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


カテゴリ:☆旧ブログより随想・雑記等( 34 )

春風献上

登科後
    〔唐〕孟郊

昔日齷齪不足誇
今朝放蕩思無涯
春風得意馬蹄疾
一日看盡長安花

  昔日の齷齪(あくさく)たるは誇るに足らず
  今朝の放蕩たるは思ひ涯(はて)無し
  春風は意を得て 馬蹄は疾(はや)く
  一日にして看尽(みつく)したり 長安の花を

「登科」は、科挙の最終試験に合格すること。
「齷齪(あくさく)」は、「あくせく」と同じです。
唐朝時代の中国で、春の花と言えば牡丹でした。

入学試験や卒業試験の季節が巡ってくる度に、
私は、きまってこの詩を思い出します。
そして、今年もこの詩を、
私よりも若い皆さんに贈ろうと思います。 # by nazohiko | 2007-02-09 21:50
[PR]
by nazohiko | 2007-02-09 21:50 | ☆旧ブログより随想・雑記等

BLOODY HELL

メルボルン市とカンタス航空が合同で出した広告に、
「で、なんでオーストラリアへ来ないの?」と書いてある。

ははあ、これは多分、
"Why don't you visit Australia?"(オーストラリアへおいでよ)という
如何にも英語的な表現を、日本語に直訳したんだろうと思いきや、
右側に、原文らしいものが大書してあって、
"SO WHERE THE BLOODY HELL ARE YOU?"というのであった。
「あんた、どこの血の池地獄をさまよってんだい?」位の意味になるか。

少々どぎついけれど、これがオーストラリア流の呼びかけなのかも。

# by nazohiko | 2007-02-01 00:27
[PR]
by nazohiko | 2007-02-01 00:27 | ☆旧ブログより随想・雑記等

これでいいのだ

月例の歌会に出席した。

歌会に二時間半、
夕食会には五時間半。
本末転倒とおっしゃるなかれ。

短歌を読み書きする者として、
自分に何が足りないのか、
自分のどこが未熟なのか、
歌会後の雑多なおしゃべりを通して、
むしろ、よく見えてくるのだ。# by nazohiko | 2007-01-28 23:10
[PR]
by nazohiko | 2007-01-28 23:10 | ☆旧ブログより随想・雑記等

おかずのクッキング

「おかずのクッキング」という番組を、
祖母と一緒に視るのが、小さい頃の楽しみだった。
当時の講師は土井勝さん。
わずか五分の料理教室を、毎日夕方に放送していた。

テレビを点けっぱなしで、徹夜していたら、
出し抜けに「おかずのクッキング」が始まった。
いつのまにか、ずいぶん早い時間に移動したものだ。
週一回の放送になったようだが、
番組の放送時間は、三十分に拡大されていた。

講師は、初めて見る人に替わっていたが、
声を聞くだけで、土井勝ジュニアだと分かった。
土井善晴さんというらしい。

容貌は、勝さんと違って丸みを帯びているが、
声音や口調が、本当にそっくりなのである。
あの「癒し声」は、息子さんに受け継がれていたのだ。
私は、これからも「おかずのクッキング」を視るだろう。# by nazohiko | 2007-01-20 19:35
[PR]
by nazohiko | 2007-01-20 19:35 | ☆旧ブログより随想・雑記等

自由の歌 K.506

ザルツブルクにある国際モーツァルテウム財団が、
モーツァルトの全作品の楽譜を、
無料ダウンロードさせてくれるというサーヴィスを始めた。

現代の音楽学者たちによって校訂された、
「新モーツァルト全集」と呼ばれるエディションである。
書籍として売られてもいるものを、
よくぞこのような形で公開してくれたものだ。

http://nma.redhost24-001.com/DME/nma/nmapub_srch.php?l=2

私がこのページを知って、真っ先に探しに行ったのは、
未完に終わった「レクイエム K.626」のオリジナル譜。
モーツァルトが書き残したまま、弟子の補筆が入っていない、
それゆえに空白だらけの楽譜と、初めて対面した。

次に、かつて「トリビアの泉」でも紹介された
珍曲中の珍曲「おれの尻をなめろ K.231」を。

そして、三番目に飛びついたのが、
「自由の歌 K.506」という、小さな歌曲である。
このようなPDFファイルになって、楽譜は出てくる。

http://dwstore.sonydadc.com/mozarteum/pdf/nma_89_28_29.pdf

歌の旋律といい、鍵盤楽器の伴奏といい、
何の変哲もないのに、私は幾度でも聴きたくなるのだ。
歌詞だって、大したことは言っていない。
恋のとりこになんて、なりなさるなよ、
殿様の地位なんて、めざしなさるなよ、
自由こそ黄金の味わい、それを解さぬやつは哀れ……。

あいにく、あまり良い演奏ではないのだが、
宜しかったら試聴していただきたい。
(ソプラノ:Erika Koth、ピアノ:Gunther Weissenborn)

http://www.amazon.com/gp/music/wma-pop-up/B0000035SY001019/ref=mu_sam_wma_001_019/103-3392667-6512650

中学二年生か高校生の夏休みだったと思うが、
FMラジオから、エリー・アメリングの声で流れてきたのが、
この小曲との出会いだった。# by nazohiko | 2006-12-21 00:06
[PR]
by nazohiko | 2006-12-21 00:06 | ☆旧ブログより随想・雑記等

-・・-・ ・--・- -・--・ ---・-

---- ・-・-・ -・-・ ・・-・ -・・・ ・-・ ---・ ・・ --・・- ---- ・-・-- ・・ ---・- -・-・- -・-・・ -・・ ・・-・・ ・・ ---- ・-・-・ ・-・ ・ ・・--・ ・--・- --・-・ ・・ ・--- ・・-・- ・--・ -・-- -・ ・・-- ・-・-- ・・ -・-・・ -- ・・- ・・-- --・・ ・・ ・-・- ・・・- ・・ -・・・ -・・-・ ・--・- -・--・ ---・- --・・ ---- ・・ ・・- ・-・-- ・・ ・-・・ ・- ・-・-- ・・-・- -・・- --・-・ -・ -- ・・-・- ・-・ -・-・- ・-・-・ -・・-・ ・- ・-・- ・- ・-・- ・ ・-・-・ ・-・・ ・-・-・ --・-・ ・-・-- --・-- ---・ ・-・-・ ・-・-- ・・ ・・-・- ・-・-- ・・・- -・ ・・ -・-・- ・- --・-

http://www6.ocn.ne.jp/~miz2/morse.htm# by nazohiko | 2006-12-18 20:06
[PR]
by nazohiko | 2006-12-18 20:06 | ☆旧ブログより随想・雑記等

南部坂 雪の別れ

赤穂浪士が吉良邸に討ち入ったのは、
旧暦12月15日の未明だったのだが、
浅野内匠頭と四十七士の眠る泉岳寺では、
新暦の12月14日である今日、
「義士祭」が行われることになっている。

忠臣蔵の物語は、
殺伐としたエピソードが続くので、
私はちょっと苦手なのだけれど、
「南部坂 雪の別れ」の場面は、大好きだ。
新暦ではなく、旧暦の12月なのだから、
江戸に雪が降っていても、不思議ではないのである。

討ち入りの晩を迎えた旧暦12月14日、
大石内蔵助は、浅野内匠頭の妻だった瑶泉院を訪ねる。
瑶泉院は、南部坂に近い屋敷に隠棲していた。

瑶泉院は、いよいよ決起の報告に来てくれたのだと思ったが、
大石は、屋敷の中にスパイが紛れていることを慮って、
自分には仇討の計画など毛頭なく、
もうすぐ江戸を離れて、
他の藩に再就職することになったので、
暇乞いにやってきたのですよと、嘘を言う。
期待が外れた瑶泉院に、ひどくなじられ、
浅野内匠頭のために焼香することまで拒絶されながら、
大石は袱紗包みを一つ残して、静かに辞去してゆく。

大石が去った後、
腰元に扮していたスパイが、袱紗包みに忍び寄るが、
幸いにも、スパイはその場で取り押さえられ、
取り戻された包みを、瑶泉院が開いてみると、
そこには、浪士たちの連判状が入っていた……。
二度と生きては会えぬであろう大石を、合掌して見送る瑶泉院。
そして、雪の南部坂を下ってゆく大石の後ろ姿。

講談で演じられる場合には、
連判状に見立てた手拭いを、両手で捧げ持ちながら、
浪士たちの姓名を、一気呵成に暗誦してゆくのが、
ひとつの見せ場となる。 # by nazohiko | 2006-12-14 21:47
[PR]
by nazohiko | 2006-12-14 21:47 | ☆旧ブログより随想・雑記等

余談

先の記事「トゥーランドット(7)」でご紹介した、
歌劇「トゥーランドット」を「指揮」して、Youtubeで披露する青年を、
皆様お楽しみいただけただろうか。

この青年は、マーラーの交響曲第8番にも挑んでいた。
「一千人の交響曲」と通称される、とんでもない大曲である。
彼の勇姿(?)を、とくとごらんあれ。

http://www.youtube.com/watch?v=zsAOOgry-8A
http://www.youtube.com/watch?v=_WOnWaRLnbw

「トゥーランドット」といい、「一千人の交響曲」といい、
私の偏愛する曲目と、重なっているなあ……。# by nazohiko | 2006-12-04 00:58
[PR]
by nazohiko | 2006-12-04 00:58 | ☆旧ブログより随想・雑記等

も が も

大塚駅の隣は、巣鴨駅である。
山手線の話だ。

大塚駅のホームに立っていると、
「こんどの電車は す が も をでました」
と書かれた、電光板が光り始めた。

黒地にオレンジ色の「 す が も 」が
目に入ってきた時、
「君がゆく道の長手を繰りたたね焼き滅ぼさむ天の火もがも」
の「 も が も 」と一瞬錯覚して、
背筋に寒さが走った。
万葉集で随一のトラウマ短歌である。

  空を飛ぶ 歌が飛ぶ
  道の長手を 繰りたたね
  火を吹いて 闇を裂き
  焼き滅ぼさむ 歌もがも
  MO-GA-MO!
  MOGAMOが二人を抱いたまま
  MO-GA-MO!
  MOGAMOが夜に飛ぶ

# by nazohiko | 2006-12-01 21:34
[PR]
by nazohiko | 2006-12-01 21:34 | ☆旧ブログより随想・雑記等

福沢論之概略

岩波文庫の青版に
福沢諭吉の『文明論之概略』が入っているが、
書店に平積みになっているのを見つけて、
捲ってみたら、口絵が替わっていた。

私が高校生の頃に買った版には、
明治初年に撮られたポートレートが載っていて、
これが好きだったのである。

【旧ブログには画像あり】

髪油したたるばかりのヘアスタイル、
二連式(?)の蝶ネクタイ、
そして、この不敵な流し目を見よ。

今の壱万円札が発行されてから、
福沢といえば、いよいよ、
功成り名遂げてからの肖像で、イメージされるようになった。

【旧ブログには画像あり】

けれども、
『文明論之概略』や『福翁自伝』の行間から
むんむんと立ち上がってくる熱気と色気(!)には、
「流し目の福沢」でなくては、絶対に似合わないと思う。# by nazohiko | 2006-11-09 00:09
[PR]
by nazohiko | 2006-11-09 00:09 | ☆旧ブログより随想・雑記等