by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


君よ知るや「カニのタルト」

初めに断っておくが、とても快適なホテルだった。
朝食のバイキングも美味だったし、バラエティに富んでいた。

そして、近年ではあまり見かけなくなった「奇妙な日本語」が、
そこにはしっかりと息づいていた……。

c0233798_13585570.jpg

ベジタリマン!
「ア」を「マ」と誤植するのは、定番中の定番だが、
それにしても……ベジタリマンなのである。

c0233798_13590934.jpg

ベジタリマン2号、参上!

c0233798_13592133.jpg

ベジタリマン3号、見参!

c0233798_13593683.jpg

ベジタリマン4号の正体は「はっぽうがゆ」だった!

c0233798_13595516.jpg

「モ」が「壬(じん)」に化けた経緯を考え出すと、夜も眠れなくなる。
手書きで渡された翻訳を、キーボードで入力したのだろうか?

c0233798_14185479.jpg

文のかたちに訳してしまうのも、よく見かけるパターンだが、
筍が豚肉を煮込むことは……もしかすると、あるかもしれない。

c0233798_14001074.jpg

うめこ……。
果物にふりかけるための、梅干しの粉なのだが、
丸みを帯びたフォントと相まって、ちょっとかわいい。

さて、只今よりベスト3を発表いたします!

c0233798_14003986.jpg
c0233798_14005094.jpg

銅メダルは……南陽(←南洋)カレー拒絶ケーキを取ります
原文の意味は「南洋カレーとナン(甩餅)の取り合わせ」なのだが、
「甩」には「投げ捨てる、他者を拒絶する」という語義もあるので、
「甩餅=拒絶ケーキ」という翻訳になったのだろう。

c0233798_14010501.jpg
c0233798_14011401.jpg

銀メダルは……イチョウとろ火で煮込んだのヤーン!!
原文の意味は「イチョウ(←ぎんなん)を加えて煮込んだ山芋」である。

英語の"yam"(山芋)を日本語に重訳した結果、
「ヤーン」という感嘆詞(?)が出現することになった。
「煮込んだ」の後に「の」が入っているのは、
修飾語と名詞の間に必ず「的」を挟む、中国語の文法に引きずられたのだろうが、
「とろ火で煮込んだのヤーン」なんて言われると、ついつい(以下、自主規制178.png)。

c0233798_14013809.jpg

そして堂々の金メダルは……カニのタルト!!!
もはや森羅万象を超越しております。

この一角にはキャンディ、クッキー、マシュマロなど、
間食用(?)のお菓子のガラスケースが並んでいたので、
「tart=タルト」という語に、誰も違和感を生じなかったのだろう。

私は海外のホテルやレストランで「奇妙な日本語」を見つけると、
正しく書き直したものを、帰り際に渡してあげることがあるのだが、
今回はあまりに傑作揃いだったし、
お客の不便を生じるほどの誤記・誤訳でもなかったので、
むしろそのままの姿を、長く留めておいてほしいと思った。

いつの日か、私が再びあそこに投宿することがあったら、
その時も「カニのタルト」が、私を出迎えてくれることを望む。

※ホテルの名前は出しませんが、
 台湾の古都・台南にご旅行の際には、ぜひお勧めしたい良いホテルです。
 林百貨(戦前の「ハヤシ百貨店」)の向かいにあり、
 いくつもの観光名所へ、徒歩ですぐに行けます。
 客室は広々としており、無線LANの通信速度も申し分ありません。
 洗濯機・乾燥機が無料で利用できるので、長期滞在にも便利です。

[PR]
by nazohiko | 2017-03-31 15:18 | ◇見聞を誌す
<< 4月1日 君よ知るや汝窯の青磁水仙盆 >>