by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


ホラティウス『詩論』の本領(2)

そのように、賢明な人は狂気の詩人に触れることを恐れて逃げる。子供らは彼を追い立て、警戒せずにあとをつける。

  (中略)

なぜ彼は詩を書きまくるのか、よくわからない。父祖の遺骨に放尿したせいか、それとも雷が落ちた不吉な場所を穢したせいか――いずれ(に)せよ、たしかに彼は狂っている。そして、あたかも熊のように、邪魔な檻の格子を破ることができたなら、情け容赦なく朗読して、教養のある人もない人も逃げださせるだろう。だが、誰かを捕えたなら掴んで離さず、殺してしまうまで読んで聞かせるだろう――血をいっぱい吸うまで肌から離れまいとする蛭が!

ホラティウス『詩論』は、このように締め括られる(岡道男訳、岩波文庫、以下同じ)。
ここでは、「狂気の詩人」が「彼」という三人称で扱われ、
また、「賢明な人」が「恐れて逃げる」べき存在として言及されている。
文体という面でも、ドタバタ喜劇のようなユーモアがたっぷり振りかけてあるのだが、
それでも、このくだりに、ホラティウス自身の「狂気」が顔を覗かせているのを、
読者は感知せずにいられない。

ホラティウスはここまで、一貫して「賢明な人」の代表者として我々に語りかけ、
「賢明な人」によって安全に発信され、彼らの間で安全に管理されるべきものとして、
詩というコミュニケーション・ツールのありかたを論じてきた……ように見えた。

そんなホラティウスが、『詩論』の最後の最後に至って、
「詩をつくる人」や「詩をつくろうとする欲求」が、決して「狂気」と無縁ではあり得ず、
そうであるが故に、何かの拍子に「邪魔な檻の格子」を破ってしまうものであることを、
「かく言う私自身も、『賢明な人』と『狂気の詩人』の危ういバランスの中で、
 内面を維持しているのだよ」
という仄めかしを添えながら、我々に向かって宣告するのである。

実を言えば、「ホラティウス=『賢明な人』」という単純な図式が成立しないことは、
しばらく前のくだりで、既にチラッと明言されていた。

ああ、わたしはひねくれ者だ、陽春の季節が近づくと薬を飲んで胆汁を吐き出すのだから。そんなことをしなければ、ほかの者がわたしよりすぐれた詩をつくりはしないだろう。

岡氏の訳注に従って、この部分を解釈すれば、
当時通用の医学理論では、4種類あるとされた体液のうち、
胆汁(黒胆汁)が増えすぎてしまうと、狂気を発すると考えられていた。

ホラティウスはここで、自分の体内に胆汁(即ち、狂気の種)が満ち溢れていること、
自身が「狂気の詩人」として暴れ出すのを、故意に抑制しているに過ぎないこと、
そして、ひとたび「狂気の詩人」と化したならば、
誰よりも「すぐれた詩」をつくり得る、並外れたポテンシャルを持っていることを、
「ひねくれ者=敢えて『賢明な人』の道から飛び出さずにいる者」としての、
ほろ苦い自覚と共に、告白しているということになる。

ああ、それにしても、
たとえ一度でも「詩をつくる人」となったことのある者ならば、
「なぜ彼は詩を書きまくるのか、よくわからない」で始まる一連の言葉に、
きっと痛快を覚えることだろう。

そして、そのうちの少なからぬ人数が、
「ああ、わたしはひねくれ者だ」以下いくばくかの言葉にも、共感を覚えるだろう。
厳密に言えば、ホラティウスの「ひねくれ者」宣言に共感する人の中には、
そこに慰めを見出す人もあれば、誇りを見出す人もあるだろう。


[PR]
by nazohiko | 2016-11-05 22:05 | ◆論考を読む
<< 君よ知るや「勸世宗親會」(21) ホラティウス『詩論』の本領 >>