by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


オテロの第一声!(2)

今から10年前、ここに「オテロの第一声!」という文章を書きました。

そこでは、マリオ・デル・モナコの1961年のスタジオ録音を取り上げました。
"Esultate!"で始まるオテロの第一声を、Youtubeで聴き比べてゆくと、
あたかも、テナー歌手による自己主張のカタログのような印象を受けるものですが、
彼は意外にも、カラヤン指揮するウィーン・フィルハーモニーの響き、
中でもホルンが強奏する和音に、「一本の管楽器」の如く溶け込んでみせたのです。
そのせいで却って、何とも神々しい姿の「英雄」が現れた……というのが、
小文の主題でありました。



同じデル・モナコが演じたオテロでも、
1959年の来日公演(エレーデ指揮、NHK交響楽団)の映像では、
煽りまくる管絃楽と相俟って、ずいぶん違った"Esultate!"を見せてくれます。



音楽だけ(上掲の動画よりも音質は良い)でも、なかなか聴きごたえがありますよ。
カラヤン盤におけるオテロも、来日公演におけるオテロも、
きっとデル・モナコにとって、いずれ劣らぬ「本気」の歌唱だったのでしょう。
[PR]
by nazohiko | 2016-07-10 21:06 | ◆動画を視る
<< オテロの第一声!(3) 君よ知るや「勸世宗親會」(7) >>