by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


けふは清明なり

今日は二十四節気の内の「清明」に当たる。

これは、太陽の動きのみによって日取りが決まるため(太陽黄経が15度の時)、
太陰太陽暦である東アジアの「旧暦」では日付が毎年変動するのに対して、
純粋な太陽暦であるグレゴリオ暦では、大抵4月4日か4月5日のどちらかに収まる。

中国語圏や沖縄では、清明の日に祖先の墓参をする。

ぐっと反り返った橋と、それを渡ってゆく人々の姿が印象的な「清明上河図」は、
北宋朝(960-1127)の都・開封(かいほう)の、この時季の賑わいを描いたもの。

c0233798_153453.jpg

[PR]
by nazohiko | 2013-04-05 00:05 | ◇見聞を誌す
<< 中島裕介さんの『oval/un... 現代版「年の内に春は来にけり」 >>