by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


ハイドンの交響曲第60番ハ長調"Il Distratto"(3) 兼 ハンス・ロットの交響曲ホ長調(3)

 ハイドンの交響曲は往々にして、その構成や表現に「ロマン派もびっくりの」等といった評言が与えられる。しかし、それでは話が逆様というものだ。

 交響曲が「歌劇の序曲」というオリジンから、まだ完全に離れていなかったハイドンの頃には、一口に交響曲と言っても、そこには作曲家のスタンスや作品の姿において、草創期ならではの伸びやかな自由選択があり得た。やがて管絃楽の演奏会が「音楽会」の本流を奪い、交響曲がそのメイン・プログラムたる地位を確立したが、そうした動きと並行して、交響曲は良くも悪くも、音楽的な「骨格」と精神的な「品格」を固めてしまったと言える。そして、「ロマン派の交響曲」という本質的に不自由なる枠組に、生まれながらに慣れ親しんでいる我々の耳には、いにしえのハイドンが、却って前衛的に聞こえる場合がある……というのが真実であろう。

 私がハンス・ロットの交響曲につまらなさを、もっと言えば可笑しさを覚える理由を大掴みに述べるならば、それは彼が「交響曲らしさ」を、とりわけ「後期ロマン派の交響曲らしさ」を必死に追いかけようとしている、その哀しい意気込みが、時として稚拙さを露呈する構成や旋律やオーケストレイションを通じて、手に取るように伝わってくるからである……それも、後期ロマン派の交響曲なるものが、爛熟の果てに、そろそろ過去の物となろうとしていた時期だというのに。

 この曲の楽譜を見せられたブラームスは、ロット本人に「美しい部分は君の作曲ではあるまい」と言い放ったとも伝えられ、またマーラーの第1交響曲は、世に出なかったこの曲を秘かに研究し、様々な要素を「利用」することで出来上がったと評されることもある。だが、私は敢えて彼らの弁護を試みよう。

 ブラームスは「君の作曲」のスタンスが、後期ロマン派の交響曲という古びた木型に自らを押し込もうとするものであることを看破し、むしろそうした型に収まりきらない「美しい部分」を伸ばしてゆくべきだと、若き作曲家に謎をかけたのかもしれない。それから、仮にマーラーの第1交響曲の少なからぬ「部材」が、本当にロットの交響曲に由来するものであったとしても、マーラーがそれらの「部材」を駆使して作り上げたのは、決して「ロットよりも御上手に『後期ロマン派風』を吹かせてみせた交響曲」ではなかった。次の時代に向かって風穴を開けたマーラーの第1交響曲を差し置いて、ロットの若書きが歴史に残ることなど、あり得べくもなかったのである……もしそれが一個の後期ロマン派の交響曲として、もっと「大人」のレヴェルに達していたならばともかくも。
[PR]
by nazohiko | 2013-02-28 20:46 | ◆音楽を聴く
<< 承前 ハンス・ロットの交響曲ホ長調(2) >>