by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


令外の「菅」

 征夷大将軍が「令外の官」だったのは日本史のイロハだが、菅原道真などが任ぜられた文章博士も、同じように「令外の官」であったことを、数分前まで知らなかった……そもそも文章博士という官職(学位ではない)が、どのような法規によって設置されたものであるか、考えたこともなかったのだが。

 中国唐朝の「令」に倣った日本古代の「令」は、儒学を教授する者として「大学博士(明経博士)」を置くことだけが定められていた。しかし日本では、儒学よりも「漢文による文学」や「漢文による史学」の方が持て囃されたため、それらを担当する文章博士が別に設置されたという訳であるらしい。ナルホド。
[PR]
by nazohiko | 2013-02-23 23:40 | ◇見聞を誌す
<< ハンス・ロットの交響曲ホ長調(2) ハンス・ロットの交響曲ホ長調(1) >>