by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


会いたかった~!(9)

※先の記事「会いたかった~!(8)」より続く。

 田渕句美子氏の着眼には、それ自体として魅力を覚えるし、このような語りが生まれた背景に関する氏の洞察にも、私は概して首肯できる。しかし、宮内卿の歌が『新勅撰和歌集』以後の勅撰和歌集に僅少であるという事実を、「後世の評価は低い」「勅撰集の世界でしだいに忘れられていく」と速断した氏の記述には、異論を禁じ得ない。

 『新古今和歌集』の約30年後に『新勅撰和歌集』が成ったわけだが、だからといって、宮内卿の歌を15首も散りばめた『新古今和歌集』が流布を停止したわけでも、読者を失ったわけでもない。それ以後に現れた計12集の勅撰和歌集も、やはり『新古今和歌集』という巨峰を人々の視界から拭い去る力など、ついぞ持ち得なかったのである。少なくとも『新古今和歌集』入集作に関する限り、彼女の歌は長らく「現役」の読書対象であり続けたと言える。

 また、『新勅撰和歌集』以後の勅撰和歌集が、仮に後鳥羽上皇が『新古今和歌集』の隠岐本を制作した時のように、「『新古今和歌集』所収の宮内卿作品から、各集の撰者の眼鏡に適うものだけを抜き出す」という方式で彼女の歌を採録したのならば、入集作が『新古今和歌集』に比べて激減したという事実は、田渕氏の述べるように、彼女が「後世には低評価に甘んじた」「勅撰集の世界でしだいに忘れられた」ことをストレートに意味するだろう。しかし、実際の所はそうではない。『玉葉和歌集』に至ってようやく勅撰和歌集に入った「時雨つる木の下露はおとづれて山路の末に雲ぞなり行く」について、氏自身が「その清新で独創的な自然把握を京極派が評価した」と書いているように、後世において勅撰和歌集を編纂した者たちは、宮内卿の歌を各自の眼力によって時々刻々と捉え直し、その魅力の「再発見」を重ねていったのである。彼女の歌は勅撰和歌集の撰者たちにとっても、やはり「現役」のセレクト対象であり続けたのだった。

 忘れられた人物が、ゴシップの主人公にされるだろうか?
[PR]
by nazohiko | 2013-02-06 00:30 | ◆詩歌を読む
<< 会いたかった~!(10) 再び「年の内に春は来にけり」 >>