by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


管絃楽に呑み込まれるドン・ジョヴァンニ

 6年半ほど前に書いた小文「オテロの第一声!」では、デル・モナコがオテロを歌い、カラヤンがウィーン・フィルを指揮した1961年の録音を取り上げた。オテロの第一声である"Esultate!"云々の凱旋宣言において、敢えてデル・モナコの千両役者ぶりを前に出さず、むしろ「ホルンの合奏に溶け入る、一本の管楽器」のような扱いを徹底することにより、却って「神々しい英雄」の登場を強く印象付けるというカラヤンの手法に讃嘆の意を示した次第だが、彼が1985年に録音した「ドン・ジョヴァンニ」にも、これに通じるような技が効果を上げた一瞬がある。

 それは、第1幕でドン・ジョヴァンニが歌う「シャンパンの歌」だ。この不思議な主人公に宿った「エロスの白熱光」を惜しみなく八方に放射する、一点の曇りもないまでに燦然とした音楽である。この只でさえ極端に短い1曲を、カラヤンの指揮するベルリン・フィルは、恐るべき速さと勢い、そして音量で鳴らし始める。サミュエル・レイミーの受け持つドン・ジョヴァンニの声は、フル・スロットルの管絃楽に終始押され気味であり、なおかつ、あれよあれよと進んでゆくテンポを、辛うじて言葉が追いかけてゆくといった感もある。そして、歌い納めの"devi aumentar!"という一声に至っては、それを待ちきれないかのように再度のフォルティッシモ(楽譜上はフォルテなのだが)に入った管絃楽の奔流の中に、ほとんど呑み込まれてしまう。こうしたバランスの設定によって、このアリアを聴く者は「ドン・ジョヴァンニ本人にすら制御できないほどの、巨大なエネルギーの噴出」をまざまざと幻視させられるのだ。
[PR]
by nazohiko | 2013-01-22 21:47 | ◆音楽を聴く
<< 催馬楽には無調音楽がお似合ひ 会いたかった~!(3) >>