by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


音楽薬膳~夢の演奏会プログラム~

第1夜:ソリストたちの夕べ

●アルバン・ベルク:ヴァイオリン協奏曲

  「涼性」の音楽。
  タナトスに傾いた音楽。

●オリヴィエ・メシアン:トゥーランガリラ交響曲

  「温性」の音楽。
  エロスに傾いた音楽。

●(アンコール)モーリス・ラヴェル:ラ・ヴァルス

  「熱性・温性」と「涼性・寒性」のめまぐるしい交替。
  エロスとタナトスの交錯する音楽。

第2夜:合唱の夕べ

●カール・オルフ:カルミナ・ブラーナ

  深層に「寒性」を秘めた「熱性」の音楽。
  タナトスによって裏打ちされつつエロスを謳う。

●黛敏郎:涅槃交響曲

  深層に「熱性」を秘めた「寒性」の音楽。
  エロスによって裏打ちされつつタナトスを謳う。

●(アンコール):ヨハン・セバスティアン・バッハ:G線上のアリア

  お口直しに、絶対の中庸を。

図式的にすぎたかな?

# by nazohiko | 2006-06-15 00:03
(関連記事:http://japondama.exblog.jp/19121118/
[PR]
by nazohiko | 2006-06-15 00:03 | ☆旧ブログより韻文・訳詩等
<< あああ! スコットランド交響曲 >>