by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


青苔涼透了我的心坎

看一回凝靜的橋影
數一數螺鈿的波紋
我倚暖了石欄的青苔
青苔涼透了我的心坎

========================

まあるい橋のてつぺんで
まあるい影に飽いたころ
かぞへきれない水紋が
月のひかりに螺鈿なす

苔がやうやうぬるむまで
石の手すりに倚りをれば
こゝろの芯を冷ますほど
苔の青さがしみとほる

========================

徐志摩(1897-1931)の詩
「月下待杜鵑不來」(月夜にほととぎすを待ちぼうけ)より
最初の一連を意訳してみました。

# by nazohiko | 2006-12-09 01:25
[PR]
by nazohiko | 2006-12-09 01:25 | ☆旧ブログより韻文・訳詩等
<< 夢は枯野を ファウスト >>