by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


オフィーリアとマクベス夫人

 松岡和子『「もの」で読む 入門シェイクスピア』(ちくま文庫、2012〈原著2004〉)は、シェイクスピアの各戯曲を、それらに登場する特徴的な「もの」に焦点を当てて読み解いてゆく短文集「シェイクスピア「もの」語り」と、女性の登場人物を次々に取り上げる「シェイクスピアの女性たち」の2部分から成る。

 同書の大部分を占める「シェイクスピア「もの」語り」から、私はあまり教えられる所がなかったのに対して、精彩を覚えたのは、むしろ附録的な「シェイクスピアの女性たち」の中の、「ガートルードとオフィーリア」と「マクベス夫人」の2篇である。

 松岡氏は指摘する。『ハムレット』の所謂「尼寺の場」でオフィーリアが発する台詞の「文体」には、語彙や語り口において父ポローニアスと通じるものがある。そして、こうした「オフィーリアらしくない」要素が、彼女の言葉が本心から出たものではなく、父にそうと言わされたものであることを暗示するのだ。それから、『ハムレット』全篇を通じて、オフィーリアの台詞には"I"(私)を主語とする文が少なく、また「尼寺の場」に続く登場場面である「劇中劇の場」では、ハムレットの突っ込みに対して、ほとんど「はい」や「いいえ」でしか答えないのだが、狂乱状態に陥ることで「自由」を獲得してからの彼女は、一転して命令文、即ち「自分の意志を通そうとする姿勢」に溢れた言葉を多く用いるようになる。

 『マクベス』で強い存在感を放つマクベス夫人については、彼女とその夫が王位奪取という野望において「一心同体」の結び付きにあることを、劇中の一連の事件をめぐって夫と交わされる対話の中に、幾度も現れる"we"(我々)という主語が如実に示しているのだという。更に、シェイクスピア劇の主役級登場人物の内で、マクベス夫人のみ名が付けられていない事実に注目して、松岡氏は、彼女がどこまで行ってもマクベスの「夫人」であるということが、二人の結び付きの堅さと、それが解けた時(バンクォー殺害の立案・実行からマクベス夫人が外されて以後)の両者の寄る辺なさを象徴するのだと述べる。
[PR]
by nazohiko | 2013-01-17 00:56 | ◆論考を読む
<< 再び音楽における「非人情」について 『塔』2013年1月号 >>