by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


タイムマシン

もしも、人類の歴史をちょこっと書き替えて、
自分の好きな文学作品を、どれか一つだけ、
自分で執筆したことにしてしまう権限を与えられたなら、
私は、ゲーテの『ファウスト』を選ぶだろう。

とはいえ、ファウストという主人公に感情移入したり、
ファウストが辿ったような生涯を、
自分も経験したいと願ったりすることは、あまりない。
それとこれとは、別の話なのである。

感情移入ということで言えば、
古今東西の文学作品で、私が最も感情移入する登場人物は、
トルストイの『戦争と平和』に出てくる、ピエール・ベズーホフ。

かといって、もし私がタイムマシンを与えられたとしても、
『戦争と平和』の原稿を、トルストイの書斎から失敬して、
自分の名前で発表してしまおうとは、たぶん思うまい。
それとこれとは、やっぱり別の話なのだな。

# by nazohiko | 2007-05-26 15:24
[PR]
by nazohiko | 2007-05-26 15:24 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< 「五人づれ」って誰だと思う? ○○○○○○○●○ >>