by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


たまには並んでみた

並ばないと入れない食べ物屋には、
めったに行かない性分なのだが、
休暇を共に過ごした客人と連れ立って、
そういう場所ばかり渡り歩いた。

*  *  *

中でも印象深かったのは、
東京・築地市場の「鮨文」(握り寿司)と、
奈良・東向通の「おかる」(お好み焼)。

*  *  *

「鮨文」では、おまかせのコースを食べたのだが、
ほんの間奏曲のように差し出された、蛍烏賊の軍艦巻に、
店の力量が、最もくっきりと刻印されていたように思う。

蛍烏賊という食材は、多かれ少なかれ、
臭味(として私には認知される風味)を免れ難いゆえ、
口に入れる時に、ついつい身構えてしまうのだけれど、
「鮨文」の軍艦巻は、そんな「烏賊の原罪」を、
完璧にシャットアウトすることに成功しており、、
蛍烏賊の良いところだけが、舌に溢れ出てくる。
その清雅な奔流に、私はただ身を任せていればよかった。

*  *  *

「おかる」のお好み焼は、
蓋を被せて、蒸し焼きにするせいもあってか、
表から芯まで、ふわふわとした食感だ。

もう一つの看板メニューであるらしい、明石焼も味わったが、
お好み焼と明石焼が描き出す、
穏やかな「食感の襲色目」に、大いに魅惑された。

店内には、地元の書家・津山白鳳の揮毫による
「おいしい/おいしい/おかるの/おこのみ」という
横長の額が懸かっていたが、
なるほど、ここのお好み焼は、
全部ひらがなでなければ、その慈味を書き表せまい。

*  *  *

京都・堺町通の「イノダコーヒ」には、
ずいぶん久しぶりに、足を運んだ。
私は、珈琲に酸味よりも苦味を求める質なので、
定番とされる「アラビアの真珠」ではなく、
「ジャーマン」の方が好みに合う。

ここのケーキやパフェは、
クリームの甘さの、抑え加減が絶妙であって、
それ自体としても美味だし、珈琲という主役を邪魔しない。

店で飲むのと同じ風味を、
自宅では再現できっこないと、重々承知しながらも、
帰りがけに豆を買い求めた。

*  *  *

東京・駒込の「アルプス」では、
アイスクリームかと錯覚するほど、しっかり冷やされた、
チーズケーキ系の菓子「リゼット」に、好感が持てた。

但し、惜しむべきことに、
珈琲の役回りが、しっかり計算されていないと言うべきか。
一個の飲み物と見なすには、存在感が平凡だし、
菓子の引き立て役と見なすにしても、しっくり来ないようだ。

「人気店の傲り」と決めつけたくはないが、
店員の態度が、どうも宜しくないことや、
禁煙区画が小さすぎて、なかなか入れない上に、
中二階というより、階段の踊り場と表現した方が良さそうな、
冷遇的な場所をあてがわれていることも、
私には、不満であった。

あくまで洋菓子屋の附属喫茶室だと割り切って、
持ち帰っても型崩れしないものを、
テイクアウトするのが、賢明な付き合い方だろう。
菓子が上質であることに、異議はないのだから。

*  *  *

ごちそうさま。

立夏ですなあ。

# by nazohiko | 2007-05-06 21:50
[PR]
by nazohiko | 2007-05-06 21:50 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< アリゴーニ氏に猛省を促す一方で…… 六義園のしだれ桜 >>