by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


ふじわら の のりか

「平家の血を引く藤原紀香」という文言を、
最近のニュース記事に、よく見かけるのだが、
彼女は、どうして平家なのに藤原を名乗っているのか?

正解を言えば、
姓が「平」で、氏が「藤原」なのだ。
古代から明治時代の初期まで、姓と氏は異なる概念だった。
言い換えれば、姓と氏の両方を持つのが正式だったのである。

古代の血縁集団は、もともと姓だけを持っており、
天皇から与えられるという形式によって、
その使用権(独占的に使用する権利)を保証されていた。
蘇我・大伴・藤原・橘・源・平などが、これに当たる。

ちなみに、天皇は「姓を与える側」の役目にあり、
誰かに「姓を与えられる側」の立場になかったので、
皇族という血縁集団は、姓を持つことがなかったわけである。

やがて、藤原姓や源姓を初めとして、
ひとつの血縁集団が、いくつもの家系に分かれてゆくと、
居住地や世襲官職の違いに応じて、
それぞれのサブ・グループを識別するマークとして、
氏というものが、生じるようになった。

例えば、藤原という姓を持つ血族集団の中で、
摂政関白を世襲する家系は、九条氏を名乗り、
歌道を相伝するようになった家系は、六条氏を名乗り、
蹴鞠の専門家に特化した家系は、飛鳥井を名乗った。
これらは、世襲官職によって氏が分かれた例である。

居住地によって氏が分かれた例としては、
源姓の武家集団の中で、
下野国足利荘を領有したために、足利氏を名乗った者たちや、
上野国新田郡を根拠地としたため、新田氏を名乗った者たちを
挙げることができる。

氏は、あくまでサブ・グループの名称なのであり、
近衛氏のメンバーも、六条氏のメンバーも、
自分たちが藤原姓の一員であることを、忘れることがなかった。
同様に、足利氏のメンバーも、新田氏のメンバーも、
自分たちが源姓集団の一部分であることを、自覚していたのだ。
また、朝廷では依然として姓のみが使われ続けたから、
九条兼実は「藤原兼実」として関白に任命され、
足利尊氏は「源尊氏」として将軍に任命されたのである。

藤原や源や平は姓であり、九条や足利は氏である。
だから、「藤原氏」や「源氏」という呼び方は、
厳密に言えば、誤りであるということになる。
同じ理屈によって、
「平氏」は誤りだが、「平家」と呼ぶなら問題ないと言える。

藤原紀香が、本当に平姓集団の後裔だとすれば、
かつて「藤原」という名の土地に定住し、
その地名にちなんで、藤原氏を名乗ったサブ・グループなのだろう。

姓の後には「の」を付けるが、
氏の後には付けないのが、古来の慣習である。
「藤原鎌足」や「源頼朝」には、「の」が入るけれども、
「飛鳥井雅経」や「足利尊氏」には、「の」が入らない。

藤原紀香が、もし「藤原姓の紀香さん」であったならば、
その名前は「ふじわら の のりか」と読まれることになるが、
「平姓の中の藤原氏の紀香さん」であるというからには、
「ふじわら のりか」と読まれなくてはならない。
但し、古式ゆかしく「平紀香」と称する場合には、
「の」を入れて、「たいら の のりか」と読まれるのである。 # by nazohiko | 2007-02-21 00:34
[PR]
by nazohiko | 2007-02-21 00:34 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< 天然の良港 けふは大晦日なり >>