by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


スーパー・シティが舞いあがる

フェイド・アウトで終わる曲が、たいてい嫌いだ。

「一曲を聴き終わった」という達成感を得がたいし、
そもそも、元気な声や強奏を保ったまま、
音量だけが機械的に絞られてゆくというのは、
音楽の表現として、誠に不自然である。

「音量の高低」と「演奏の強弱」は、別の尺度であって、
スピーカーのボリュームを最小にしても、
フォルティッシモは、フォルティッシモに聴こえるものだし、
スピーカーのボリュームを最大にしたって、
ピアニッシモは、ピアニッシモに聴こえるものなのだ。

かくいう私ながら、愛聴するフェイド・アウト曲もある。
ジュリーこと沢田研二の
"TOKIO"(作詞:糸井重里、作曲:加瀬邦彦)は、その一つだ。

ジュリーが電飾を身に付けて熱唱した、この歌は、
石油ショックを乗り切って、揺るぎない繁栄に達した
「奇跡を生み出すスーパー・シティ」と、
この街で成功のチャンスを掴んだ「夢を飼う恋人」が、
高血圧状態で共鳴しあう姿を、描いたものだ。

  欲しいなら 何もかも
  その手にできるよ A to Z

  やすらぎ知らない遊園地が
  スイッチひとつでまっ赤に燃えあがる

スーパー・シティの奇跡も、
恋人たちの大願成就も、まだ始まったばかりなのだ。
だから、この歌は、
たかだか4分37秒で終わってしまうわけにゆかない。

かといって、一晩も二晩も、
「TOKIOが空を飛ぶ~!」と唄い続けることもできないから、
フェイド・アウトという形で、
強制的かつ暫定的に、曲を中断させるしかないのである。
それが、唯一の「正しい」閉じ方だと言ってもよい。

フェイド・アウトという便宜的な曲尾であるがゆえにこそ、
この歌の本質が、終わらない疾走であることを、
聴く者に、却って強く意識させる……そんな効果もある。
私がこの歌を聴く時には、必ずリピートして聴くし、
その後も半時間くらいは、脳裡でジュリーの声が循環する。

ちなみに、ザ・ドリフターズの「ズッコケちゃん」や、
忌野清志郎・坂本龍一の「い・け・な・いルージュマジック」は、
同じメロディを繰り返しながら、
単純にフェイド・アウトしてゆくように見せかけながら、
よく聴き入ってみると、
そこに、ちょっとした遊びが盛り込まれている。
こういうフェイド・アウトも、私はそれなりに好きだ。


※Youtubeには、これしか映像がありませんね。
 2分50秒のところから、"TOKIO"が流れます。

 http://www.youtube.com/watch?v=jyDiY-aX-vw

# by nazohiko | 2006-12-04 21:45
[PR]
by nazohiko | 2006-12-04 21:45 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< ファウスト 余談 >>