by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


何だか大変小さく見えた

出立の日には朝から來て、いろいろ世話をやいた。来る途中小間物屋で買つて来た歯磨と楊子と手拭をズックの革鞄に入れて呉れた。そんな物は入らないと云つてもなかなか承知しない。車を並べて停車場へ着いて、プラットフォームの上へ出た時、車へ乗り込んだおれの顔をじつと見て「もうお別れになるかも知れません。隨分ご機嫌やう」と小さな声で云つた。目に涙が一杯たまつてゐる。おれは泣かなかつた。然しもう少しで泣くところであつた。汽車が余つ程動き出してから、もう大丈夫だらうと思つて、窓から首を出して、振り向いたら、矢つ張り立つて居た。何だか大変小さく見えた。

*    *    *    *    *    *    *

夏目漱石の『坊っちゃん』の中から
好きな場面を挙げよと言われたら、
私は迷わず、ここ第一章の末尾を選ぶ。

いや、もっと正確に説明するなら、
絶唱にも比するべき「何だか大変小さく見えた」と
第二章の冒頭部分
「ぶうと云つて汽船がとまると、艀が岸を離れて、漕ぎ寄せて来た」との
落差までを含めて、旅立ちの場面を愛するのである。

新橋駅の出発直後から、四国某所への入港直前までを、
漱石は、あえて坊っちゃんに語らせなかったけれども、
第一章と第二章を繋ぐ、一行分の空白は、
どんなに委曲を尽くした心理小説よりも、遥かに雄弁である。

# by nazohiko | 2006-11-23 00:11 | 論考・批評 |
[PR]
by nazohiko | 2006-11-23 00:11 | ◆小説を読む(坊っちゃん)
<< 和服の下に赤シャツを? 月給は四十円だが >>