by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


月給は四十円だが

『坊っちゃん』は小学生の頃に読んだきりだったが、
坊っちゃんが物理学校を出てすぐに、
「四国辺の中学校」に赴任した時の月給が、40円であり、
2ヶ月足らずで教職を擲って東京に戻り、
「街鉄」の技手になった時の月給が、25円だったという数字は、
なんとなく記憶の中に残っていた。

『坊っちゃん』の発表から100年のうちに、
激しく値上がりしたものもあれば、
それほどでもなかったものもあるから、
物価の変遷を、一枚板に捉えることはできないが、
教師時代の坊っちゃんの給与が、高かったことは分かる。
物価の高かったはずの東京で、
清と二人で住めるほどの家を借りても、
街鉄から毎月もらう25円で、まかなえたようだから。

かつて司馬遼太郎は
『街道をゆく(37) 本郷界隈』(朝日新聞社)の中で、
夏目漱石の出身校である東京帝国大学を、
西洋文明を受容して、日本全国に配分する「配電盤」に喩えた。
漱石や坊っちゃんのような、
東京で高等教育を受けた人材を呼び込むために、
地方に赴任する教師には、高額の報酬が用意されていたのだろうか。

ちなみに、上には上があるもので、
帝大を卒業した漱石が(赤シャツ教頭と同じ学歴)
松山中学校に赴任した時の月給は、80円だったという。
坊っちゃんの倍額だったことにも驚くが、
なんとこれは、校長の月給(60円)をも上回っていたのである。

# by nazohiko | 2006-11-21 13:27 | 論考・批評 |
[PR]
by nazohiko | 2006-11-21 13:27 | ◆小説を読む(坊っちゃん)
<< 何だか大変小さく見えた 坊っちゃん >>