by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


『物語集』を推す

秋葉原駅で降りて、
「文学フリマ」という催物に足を運んだ。
私の目当てにしていたのは、
石川美南さんと橋目侑季さんの出店「山羊の木/海岸印刷」である。
石川さんに声を掛け、橋目さんに初対面の挨拶をして、
刊行を楽しみしていた『物語集』を購入した。
すべて「~~話」で終わる石川さんの短歌を、
橋目さんが活版印刷して、装幀された作品である。

微妙な凹凸のある濃紺色の紙に、銀色のインクという、
平家納経を連想させる配色の、名刺サイズのカード。
一枚に一首ずつ短歌が刷られたものを、
綴じない代わりに、まとめて黒い小箱に収めてある。
小箱の表には、往年の文芸書さながらに、
「物語集 石川美南」のシンプルな題箋が貼られている。

  銀ぶちの眼鏡をかけて二人ゆく悪のみち華やかなる話
  失ひし言葉を捜す旅路にてななたび落とす命の話
  空腹のあまり選手を喰らひたる鬼監督の凄い歯の話
  菜箸をひら、とあやつり赤鬼をつまみあげたり 昔の話
  「発車時間を五分ほど過ぎてをりますが」車掌は語る悲恋の話
  上野にて一組の靴を分けあひし人と再びまみゆる話
  くすぐつたいかゆいこそばいこそばゆい誓ひのことば詰まつた話
  諦めたそばから文字の色褪せて今はすつかり読めない話

活版ならではの僅かなかすれや、
金属活字が紙に食い込んだ跡が、
ついつい初心を忘れてしまいがちな
「本に向き合うよろこび」や「本を受け取るよろこび」を、
うずうずと思い出させてくれるようだ。

印刷されたコンテンツが秀でているだけでなく、
装幀がそれ自体として風雅であるだけでもなく、
コンテンツと装幀が、
息もぴったりに結ばれ合っていることこそが、
この『物語集』の最大の勝因だろう。
もとより大量出版を目指さない、歌集というジャンルなのだから、
これからの歌集は、もっと十人十色に、
印刷や装幀に凝りまくるべきではあるまいか。
「~~まくる」という補助動詞の語気、ここ重要ね。

そんなことを考えさせられたという意味も含めて、
石川さんと橋目さんの合作になる『物語集』は、
今年に刊行された数多の歌集の中で、
最も印象的な「一箱」であったと言っても、過言ではない。

お二人の出店では、
同じく活版印刷によるブックマークのセット「寂しい栞」や、
冊子形式の歌集『小清水さんが建てた家』も購入した。
かくなる上は、石川さんの伝説的大作「祖父の帰宅/父の休暇」も、
お二人の工房「海岸印刷」から、
何らかの瞠目すべき造本によって刊行されることを、
切に希望せずにはいられない。# by nazohiko | 2006-11-12 21:36
[PR]
by nazohiko | 2006-11-12 21:36 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< あなたならどうする? そんなベートーヴェン >>