by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


フルヘッヘンド!

杉田玄白が晩年に著した回想録『蘭学事始』に、
オランダの解剖書『ターヘル・アナトミア』(通称)を和訳して、
『解体新書』を成した時のエピソードが出てくる。

  鼻のところにて、
  フルヘッヘンドせしものなりとあるに至りしに、
  この語わからず。
  これは如何なることにてあるべきと考へ合ひしに、
  如何ともせんやうなし。

オランダ語もろくに分からないまま、
翻訳に乗り出してしまった玄白たちにとって、
頼りになるものは、長崎で入手したという小さな辞書ばかり。

  フルヘッヘンドの釈註に、
  木の枝を断ち去れば、その跡フルヘッヘンドをなし、
  また庭を掃除すれば、
  その塵土聚まりフルヘッヘンドすといふやうに
  読み出だせり。

  これは如何なる意味なるべしと、
  また例の如くこじつけ考へ合ふに、
  弁へかねたり。

ずいぶん回りくどい辞書もあったものだが、
フルヘッヘンド、フルヘッヘンドと呟いているうちに、
かの有名な一瞬が訪れた。

  時に、翁(玄白の自称)思ふに、
  木の枝を断りたる跡
  癒ゆれば堆(うづたか)くなり、
  また掃除して塵土聚まれば、これも堆くなるなり。

  鼻は面中に在りて堆起せるものなれば、
  フルヘッヘンドは堆(うづたかし)といふことなるべし。

  然ればこの語は
  「堆(うづたかし)」と訳しては如何といひければ、
  各々これを聞きて、
  甚だ尤もなり、堆と訳さば正当すべしと決定せり。

  その時の嬉しさは、何にたとへんかたもなく、
  連城の玉をも得し心地せり。
  かくの如きことにて推して訳語を定めり。

以上の話を忘れがたいものにしている、最大の功労者は、
訳語を得て童子のように喜ぶ、玄白の姿でもなければ、
彼が手にしていた、へんてこなオランダ語辞典でもない。
「フルヘッヘンド」という言葉の、むずがゆい響きこそが、
この場面において、絶妙のムードメーカーを務めているのだ。

そして、もう一つ注意するべきは、
そんなにも刻苦勉励して、ようやく訳出できたという内容が、
「鼻は顔から突き出るような形をしている」という、
今さら西洋人に教えてもらうまでもない事柄であったこと (^^;)

ところが、である。
『ターヘル・アナトミア』の、鼻に関する記述には、
「フルヘッヘンド」の語が、なんと見当たらないのだという。
鼻ではなく、乳房についての文章になら、
「フルヘッヘンド」が出てくるのだそうだ。

なぜ乳房が、鼻にすり替わってしまったのかについて、
いろいろと学説や珍説が出されているようだが、
なにはともあれ、
茶筅髷を結った医学者たちが、自分の鼻を撫でまわしながら、
「フルヘッヘンド」の語義について想像を巡らせる姿は、
何にも代えがたいほど魅力的ではないか。

それにしても、「フルヘッヘンド」はどのように綴るのだろう。
ご存知の方に、ぜひ教えを乞いたい。

  ターヘル・アナトミア訳してゐて「愛」の一語に皆でぽやーんとする
                            (題詠マラソン2003より)

# by nazohiko | 2006-11-05 00:47
[PR]
by nazohiko | 2006-11-05 00:47 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< フルヘッヘンド!(速報) さすらう学人の歌(3) >>