by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索
その他のジャンル


さすらう学人の歌(3)

あれからいろいろ考えてみたけれども、
会津八一の古都詠に「正面突破」をかけることは、
今の私には、やっぱりできそうにない。

  おほてら の まろき はしら の つきかげ を
  つち に ふみ つつ もの を こそ おもへ

  ほほゑみて うつつごころ に ありたたす 
  くだらぼとけ に しく もの ぞ なき

好きになった作品なら、いくらでも挙げられるのだが、
それらを「短歌」そのものとして語ってみようにも、
私が持ち合わせている認知や思考のプログラムでは、
ふさわしい単語や言い回しが、とんと見つからないのである。

さしあたり私にできそうなことは、
人物研究のための「資料」として、会津短歌と向き合ってみることだ。
実を言えば、以前から興味を抱いていたテーマがあって、
それは「さすらう学人の歌」と呼ぶべき、一群の近代短歌である。

いや、正確には、
「旅をした近代の学者」というモノに対する興味と言うべきなのだが、
私がここで問題にしたいのは、
学会発表や正月帰省のために旅行中の学者たちが、
どのような短歌を詠んだかという話ではない。

そうではなくて、
実地調査や現地巡検のために長期の旅をすることが、
自身の研究業務そのものであったような人々が、
如何なる思いを秘めながら、幾つもの旅を遂行していったのか?

例えば会津八一は美術史学者として、奈良を頻繁に訪れていたのだし、
釈迢空という歌人の正体は、民俗学者の折口信夫だったわけだが、
それぞれの道において、一流のプロフェッショナルであった彼らは、
「旅の途上で、しみじみと感じ入ったこと」だとか、
あるいは「研究のため旅する時の、わが心のトキメキやオノノキ」について、
学術論文の中で、うかつに口を滑らせることはなかった。
そこで、彼らが発表した短歌に「覗き窓」を求めて、
「さすらう学人」たちの胸の裡を、
スケッチしてみることはできないかと思いついたのだ。

せっかくの名歌を鑑賞の対象としては扱わない、
このようなアプローチではあるけれども、
いつの日か会津短歌を「正面突破」できるようになるためのヒントに、
意外なところで繋がってゆくかもしれないと、淡く期待してもいる。

※続く

# by nazohiko | 2006-11-04 00:23
[PR]
by nazohiko | 2006-11-04 00:23 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< フルヘッヘンド! さすらう学人の歌(2) >>