by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


再び紀野恵のこと(5)

ところで、塚本邦雄は『現代百歌園』の中で、
紀野恵のデビュー歌集に収められた

  そは晩夏新古今集の開かれてゐてさかしまに恋ひそめにけり

について、このように解釈している。

  新古今集の巻末には西行の「闇晴れてこころの空にすむ月は西の
  山辺や近くなるらむ」がおかれている。(中略)ここから逆に、
  巻頭は後京極良経の立春の歌へ読みたどるのもおもしろかろう。
  晩夏なら、たとえば偶然風が開いてくれた恋五の初めあたり、定
  家の「しろたへのそでの別れに露おちて身にしむ色の秋風ぞ吹く」
  から入るのも一興だ。さかさまに恋う楽しみは、まともに向き合
  って愛するよりも、対象に迫りやすい。

私はこれに同意できない。
形容動詞「さかしまなり」に漢字を添えると、
「逆しまなり」もしくは「倒なり」となるわけだが、
「さかしまに恋ひそめにけり」というのは、
終わりの方から読み遡ってゆくことによって、
『新古今和歌集』に惚れ込んだという意味ではなかろう。

「恋ひそめにけり」の対象を、
塚本と同じく、『新古今和歌集』であると考えてもよいし、
『新古今和歌集』を机の上に広げたまま外出した、
書斎の主であると考えてもよいだろうが、
いずれにせよ、恋慕の情を修飾する言葉として、
私は「さかしまに」を受け取りたいのである。
「まっさかさまに恋に落ちた」というような感じだ。

上に引用した塚本の文章は、
塚本自身の『新古今和歌集』への愛を語る言葉として、
これはこれで、なかなか魅力的ではある。
しかし、紀野作品の解釈としては、
不自然の感を拭えないのではないか。

少なくとも、
「さかしまに(新古今集を)恋ひそめにけり」や
「さかしまに(書斎の主を)恋ひそめにけり」のように、
言葉をひとつだけ補えばよい読み方に比べて、
「さかしまに(頁を繰って)(新古今集を)恋ひそめにけり」
という塚本式の読解は、煩瑣である。# by nazohiko | 2006-10-15 00:48
[PR]
by nazohiko | 2006-10-15 00:48 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< ぬばたまのネロの饗宴 再び紀野恵のこと(4) >>