by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


源氏揃(3)

先行する数多くの文芸形式を摂取して、適材適所に応用した『平家物語』は、中世文芸の嚆矢であるだけでなく、古代文芸のひとつの総決算とも言えるだろう。

しかし、この物語に組み込まれた和歌が(版本によって違いが大きいとはいえ)3桁を数えるのに対して、後白河法皇や平清盛があれほど好んでいたはずの今様は、五指に余るほどしか登場しない。

あまつさえ、法皇が今様を謡う場面は、物語の中についぞ現れないのである。3度も声を潰してまで今様に熱中した実在の法皇と、『平家物語』で陰の主役を務める法皇は、決してイコールではないと承知しつつも、やっぱりそこが不満。# by nazohiko | 2006-09-24 00:52
[PR]
by nazohiko | 2006-09-24 00:52 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< ションレイ 源氏揃(2) >>