by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


源氏揃(2)

以上は、『平家物語』巻四の「源氏揃(げんじぞろえ)」より。源頼政が以仁王に挙兵を促す台詞である。

私はとくに源氏贔屓ではないので、物語の転回点と言う意味では、この章段をとりたてて愉快とも痛快とも思わない。しかし、50人以上の源氏武者がコールされる文字面は、実に壮観だ。

京に潜伏する武者たちの紹介に始まって、次第に遠国に及ぶのだが、奇しくもその終わりがけに至って、義仲・頼朝・義経の名が次々と浮かび上がる。巧みな構成と言えよう。

このように人名を列挙する章段を、『平家物語』の用語として「揃物(そろえもの)」と呼ぶ。他にも「朝敵揃」「大衆揃」「三草揃」と題された章段があるが、「源氏揃」ほど成功していないと思う。# by nazohiko | 2006-09-22 15:34
[PR]
by nazohiko | 2006-09-22 15:34 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< 源氏揃(3) 源氏揃(1) >>