by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


ベルマンの弾く「愛の死」

 NHKの教育テレビで、ラーザリ(ラザール)・ベルマンが、1988年に東京で開いた演奏会を放映していた。昨年他界したピアニストである。

 曲目の多くがリストの作品であった中に、ワーグナーの楽劇「トリスタンとイゾルデ」を締め括る、イゾルデ姫の絶唱「愛の死(Isoldes Liebestod)」を、リストがピアノ独奏に編曲したものも含まれていた。この編曲を聴くのは、初めてではなかったのだが、今回ベルマンの演奏に触れて、すばらしいピアノ曲だと初めて思った。

 ベルマンはリスト編曲の「愛の死」を、強弱やテンポに大きな振幅を付けて弾いたのだが、その剛柔自在・緩急自在ぶりは「イゾルデ姫を演じる名歌手の呼吸」にも似ず、「大管絃楽を率いる名指揮者の呼吸」にも全く似ない、これぞ「独奏する名ピアニストの呼吸」としか呼びようのないものだった。「名ピアニストの呼吸」とは何であるか、私は言葉でうまく説明できないが、もしこのような強弱やテンポで楽劇を上演したなら、歌声も管絃楽も、ひどくトンチンカンに聞こえたことだろうという、消去法的なレヴェルまでは自信を持って言える。ワーグナーの楽劇を、たった2本の腕で中途半端に模倣しようとはせず、ひとつのピアノ独奏曲として演奏することに徹したゆえに、ピアノの大家として知られたリストによる編曲を、存分に活かすことができたのである。

 ベルマンというピアニストは、「超絶技巧」とやらを謳われていたそうで、私が番組を見始めた時にも、実のところアクロバティックな見せ場を期待していた。しかし、昨今流行の「体育会系ピアノ」とは一線を画して、技巧の高さが演奏の表面に現れてくることは、ほとんどなかったと言ってよい。相当の運動神経を要求されるはずのリスト作品が、ベルマンの演奏では譜面の賑やかさと裏腹に、静謐で穏和な流れとしてリアライズされることが多く、1時間の番組を通じて最も印象的だったのは、むしろこの点なのであった。かつて「超絶技巧」という讃辞を捧げた人の深意が、垣間見えたような気がした。

 それから、「愛の死」の最後のクライマックスに、左手で低音を連打する箇所があるのだが、とりたてて変哲もない低音連打が、ベルマンの手にかかるや、この上なく豪壮に鳴り出すのだった。そして、そこには微塵ほどの混濁も野蛮味もない。クライマックスに入る時に、大きくテンポを落としたあたりに、秘訣の一端があるのだろうか。いずれにせよ、このようにピアノを「よく発声させる」腕前もまた、ベルマンの「超絶技巧」に数え入れられていたのかもしれないと思った。 # by nazohiko | 2006-08-28 12:58
[PR]
by nazohiko | 2006-08-28 12:58 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< 正しい歴史認識 レクイエム K.626(4) >>