by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


ひよこたま

・むらあやてこもひよこたま
・きつかさやよせさにしさひもお

中世歌謡のアンソロジー『閑吟集』に出てくる、
さかさまに読まないと、なんのことやら分からない歌です。
それぞれ「また今宵も来でやあらむ」と
「思ひ差しに差せよや盃」を、さかさ言葉で隠してあります。

塚本邦雄の絶唱「花曜」の中に、
エピグラム風に引用されているのを、ごらんになった方も多いでしょう。
私も、そこから『閑吟集』の歌謡と出会いました。
(塚本は濁点をつけた形で引用しましたが、蛇足だったと思います)

愛怨の呪文のように響く「むらあやてこもひよこたま」と、
乾いた弦楽器の弾奏のような「きつかさやよせさにしさひもお」に続く、
第3の傑作をものしてみようと、試みはじめて幾年になりますが、
さっぱりうまくゆきません (^^)

・へともがりたみていさぎふあひ(檜扇裂いて三人が許へ)

即興で作ってみましたが、ヘリウムガスが抜けてゆくような音韻ですネ。

・たらさるたんたんさつまきつさ(皐月待つ惨憺たるサラダ)

はしゃきすぎです……。# by nazohiko | 2006-05-06 07:27
[PR]
by nazohiko | 2006-05-06 07:27 | ☆旧ブログより随想・雑記等
<< 水葬物語 in Es-dur 「春を忘るな」と「春な忘れそ」 >>