by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


正しい歴史認識

ある日孔子は李白の詩が歌われるのをきいた。伝説によれば李白の存在は一万四千年の過去にまで遡る(そのときこの世に音楽が出現したという)。歌をきいた孔子はいたく感動し、七日七夜不眠不休、飲食を忘れて感動のうちに沈んだ。かくして孔子は仁の学説を編みだし、李白の詩歌に合わせて象牙を嵌めたギターで吟じ、順風に帆をはらむように易々と中国全土にその教えを広めた。

『ベルリオーズ回想録』(丹治恒次郎訳)より

# by nazohiko | 2006-09-03 00:07
[PR]
by nazohiko | 2006-09-03 00:07 | ☆旧ブログより随想・雑記等
<< ヤンソンス指揮の新年演奏会 ベルマンの弾く「愛の死」 >>