by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


けふは閏7月19日なり(2)

それでは、「地球が太陽の周りを巡るサイクル」と「月(moon)が満ち欠けするサイクルの12倍」を、どのように共存させればよいのか。上述のように、両者の間には約11日の差があるわけだが、これが19年にわたって累積すると209日となり、月が満ち欠けするサイクルの7倍に、ほぼ等しくなる。

つまり、「19年間に7回」というペースで、余分な「1ヶ月」を挿入すれば、太陰太陽暦における「1ヶ月」のシステムと「1年」のシステムは、きれいに共存できるわけである。言い替えれば、13ヶ月から成る「1年」が、19年間のうちに7度出現するのだ。「閏月」と呼ばれるのは、そのために挿入される「1ヶ月」のことである。

ならば、どのような基準で「この年に閏月を挿入するべし」と判断すればよいのか。19年間に7回というのは、何とも落ちつきの悪い数値ではないか。少なくとも、4年間に1回ずつ「閏日」を挿入するグレゴリオ暦より複雑だ。また、1年の中の何処に、閏月を挿入すればよいのか。

東アジアの太陰暦(いずれも太陰太陽暦に属する)において、この操作をコントロールするために考え出されたのが、「中気」という指標である。地球が太陽の周りを巡るサイクルを、大体12等分した日数ごとに、それぞれ「雨水」「春分」「穀雨」「小満」「夏至」「大暑」「処暑」「秋分」「霜降」「小雪」「冬至」「大寒」と名付けられた日がやってくるのであり、これらを中気の日と総称する。名前から分かるように、これらは天文学的な定義によってだけでなく、季節のターニング・ポイントとしても実感的に了解されている。

そして更に、例えば「春分を含む月を、2月(February)とする」「夏至を含む月を、5月(May)とする」といった風に、暦の循環と節気の循環が対応させられてゆく。すると、「地球が太陽の周りを巡るサイクルの約1/12」の方が、「月が満ち欠けするサイクル」よりも僅かに長いため、19年間に7回という頻度で、雨水・春分・穀雨等々のいずれをも含まない月(month)が現れることになるが、それを閏月として扱うのである。

今年は、そのような月(month)が7月の直後に現れたから、これを閏7月と呼んで、8月とは別個の月(month)としてカウントしている。注目していただきたいのは、グレゴリオ暦では2月28日の直後にしか閏日が来ないのと違って、「旧暦」で閏月が挿入される位置は、固定されていないことである。

12のターニング・ポイントによって示された季節の循環と、12の月(month)の循環が揃わなくなり次第、間髪を入れずに閏月を挿入して、暦の循環と季節の循環のシンクロを堅持しようとするのだ。農耕や遊牧のスケジュールに指針を与えるという、暦が発明された当初の目的を、強く意識した手法であると言えるだろう。

今日は閏7月19日。閏月は19日間に7回あるという「19」と「7」に因んで、こんなミニ・レクチャーを綴ってみた次第。

※続く

# by nazohiko | 2006-09-11 00:29
[PR]
by nazohiko | 2006-09-11 00:29 | ☆旧ブログより歳時の話題
<< けふは閏7月19日なり(3) けふは閏7月19日なり(1) >>