by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko
最新の記事
4月1日
at 2017-04-01 21:12
君よ知るや「カニのタルト」
at 2017-03-31 15:18
君よ知るや汝窯の青磁水仙盆
at 2017-03-09 23:15
君よ知るや台湾紅茶と台湾ウィ..
at 2017-03-08 21:30
当たり前ポエムと言えば……。
at 2017-03-08 00:32
カテゴリ
全体
◆小説を読む
◆小説を読む(坊っちゃん)
◆論考を読む
◆詩歌を読む
◆漫画を読む
◆動画を視る
◆音楽を聴く
◆展覧を観る
◇詩歌を作る
◇意見を書く
◇感想を綴る
◇見聞を誌す
☆旧ブログより論考・批評等
☆旧ブログより随想・雑記等
☆旧ブログより韻文・訳詩等
☆旧ブログより歳時の話題
★ご挨拶
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2016年 11月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 03月
2015年 07月
2015年 05月
2015年 02月
2014年 04月
2013年 07月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 08月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2003年 08月
2003年 07月
2001年 04月
検索


いちご姫

昨晩テレビを点けていたら、
いちご姫が出ているのを見つけて、びっくりした。

2004年の1月下旬だったと思うが、
笹公人さんが
「宇宙ヤング」という二人組でライヴに出られたのを、
新宿まで聴きにいったことがある。
その晩、最後に登場したバンドのヴォーカルが、
いちご姫だった。

いちごのかぶり物、
いちごをテーマにした歌、
いちごにまつわるトーク、
あまつさえ、
「いちごダンサーズ」を客席に派遣して、
いちごみるく飴(懐かしい!)を客席に配るという、
いちごづくしのステージ。

ライヴハウスという所に行ったのは、
ほとんどあれっきりだったので、
たった1度のいちご姫体験だったけれども、
今なお記憶に鮮明で、今なお愛おしい。

ちょっと真面目なことを言うなら、
「○○づくし」の芸風を、
安易なことだと思ったら、大間違いなのであって、
それを立派にやってのけるためには、
むしろ、並々ならぬセンスを要するのだよ。

深夜のバラエティ番組で、
教室を模したセットの片隅に座っていたいちご姫は、
いわゆる「いじられ役」として、
なんとなく不本意な表情をしていたけれども、
いつの日か、得意の歌で、
ブラウン管をいちご色に染めてもらいたい。

あ、いちご姫のオフィシャルサイトが出来ている。
http://www.ichigohime.jp/

# by nazohiko | 2006-11-10 00:05
[PR]
by nazohiko | 2006-11-10 00:05 | ☆旧ブログより論考・批評等
<< こんなベートーヴェン 福沢論之概略 >>