by 謎彦 by なぞひこ
by Nazohiko


次の検索結果を表示しています: シャボン玉

 2007年の初夏まで、このブログ「ン玉」を営んでいた時には、Googleに「ン玉」と打ち込んで検索すると、多くの場合は検索結果の筆頭に、このブログが出てきたものだ。

 「次の検索結果を表示しています: ◆◆」や「もしかして: ◆◆」というサーヴィスが充実した、今のGoogleでは、造語である「ン玉」は相性が良くないようで、「次の検索結果を表示しています: ン玉」と表示された上で、「ン玉」を含むウェブコンテンツが列挙される。「ン玉」ではなく「ン玉」をキーワードとして検索するよう、手動でGoogleに指示を出し直さない限り、このブログが引っかかってくることはない。このブログに再び記事が増えてゆけば、Googleの検索エンジンが、「ン玉」という語を検索語として認めてくれる日が来るのかもしれないが……。

 ところで「ン玉」という言葉の意味は、如何様に解釈して下さっても構わない。
[PR]
by nazohiko | 2012-08-20 16:23 | ◇意見を書く
<< 上嶋鬼貫の歳末の句 人型可動日系国家 >>